着るものがないと悩む前に読んで

パーティといえば、女子として、まず悩むのは、「何を着ていこう!」ということ。

e0136254_771159.jpg


あ~着るものがない!
と、膨大な服があふれるクローゼットの前で、頭を抱えているのは、どうやら、あなただけではないはず。



でもそんなときは、この事実を思い出してください。



男子が、彼女の着ている洋服や身につけているものそのものに惹かれて恋に落ちることは100%ない。



男子たちって、着ている洋服がとても似合っているな~と思うことはあっても、後で思いだしたとき、印象に残っている女の子ほど、何を着ていたかは覚えてないはず


あはは、つまり着ているものや、メイク、アクセサリーはその程度のものなのよ。
あくまであなた自身を引き立てる小道具にすぎないの。



これを忘れると本末転倒になっちゃいます。



さぁ、森岡語録を参考に、ここから具体的な「男目線」ノウハウです。



 デコラ女は損をする

あぁ、これなのよ、これ!
森岡 語録の秀逸さを示すタイトルの一つ。

そうなのよ~。

女子同士で競い合っているとどんどん間違った方向に突っ走って、
つい忘れがちなことなんだけど、
たとえば行き過ぎたネイルアート、
女子には「きれい、きれい」と拍手喝さいされても、
男子たちは引いてしまうだけ。



マニキュアはしていたほうがいいけれど、
せめてフレンチネイルまでにしておいてほしい、と森岡くん。



世界中、どこに行っても、
いい女、センスのいい女、ベストドレッサーの誉れ高い女の着こなしはシンプル。



自信がないと、ついつい、メイクしすぎ、ネイル凝りすぎ、
アクセサリー重ねすぎ、指輪いっぱいに走りがちだけど、
小道具に気合いを入れすぎて、ゴテゴテだったりしたら、
却って逆効果になってしまうということを忘れないで。



服はあくまでシンプルに。
これすごく大切です。



だから、特に、あなたが「濃いタイプ」だとか、
「派手な顔ダチ」と言われがちなタイプだったり、
ついつけすぎてしまうタイプなら
最終的に、鏡の前で、
「ちょっと地味かしら~」と感じるまで引き算をすることに必勝がかかっていると心得て。



 「裏切りの法則」で魅せる

これについてはこれまでも、東京でのセミナーや拙ブログでもご紹介してきました。
男子たちって、裏切られることに弱いんです。

つまり、「意外性」をドラマティックに、かつさりげなく魅せること。
たとえば、冬のパーティなら、以前も書きましたが、
暖かそうなロングのコートをクロークや玄関で脱いだ途端、下に着ていたのはノースリーブのドレスだったとかね。



また、普段はいつも髪をおろしているセミロングのあなたが、アップにして登場。
これは、かなり効果ありますよ~。


 肌を出すなら1か所に集中

そりゃ、男だもの、ずどんと体全体を隠すシルエットじゃつまらないと思うはず。
特にドレスアップするなら、自慢の場所を見せることにしましょう。


何? ノースリーブのドレスが着たいけれど、腕が太いって?
大丈夫。森岡くんいわく、
男子たちって、あまりに細すぎる二の腕よりはやや丸みのあるぐらいのほうがいいと、110月のセミナーでも教えてくれましたね。

冬場のノースリーブってとっても新鮮。
だからパーティにはぜひ!



そうそう、鎖骨も意外な魅せ場だということをお忘れなく。

ただ、胸も足も、腕もぜ~んぶ見せちゃうというのは間違い。
それをすると、第一印象は、「ワンナイト・スタンド」になってしまうかも。
出し惜しみしすぎは残念だけど、見せすぎ大サービスには気をつけて!



 太めの人は胸、細めの人は足で魅せる

これは、森岡語録の中で、わたしが膝を叩いてしまった名文句です。
ややカービーなあなたなら、胸のスリットが見えるドレスを、しかもこそこそ恥ずかしそうにしないで、堂々と着ましょう。


スリムなあなたなら、マイクロミニなどで足を強調してみましょう。

なまっぽい足でミニを履く自信がないなら、黒のストッキングや、今年のトレンドを入れて膝までのブールがお勧め。



男子たち、ブーツが好きな人結構多いですよ。
[PR]
by rumicommon | 2010-01-05 07:41 | NY女子力UPルールズ | Comments(0)


ニューヨークから見える日本人や日本のすばらしさ、時に不思議に感じることなど


by rumicommon

プロフィールを見る

カテゴリ

女目線で応援するいい男」
NY女子力UPルールズ
NY流女の生き方
NY1%未満の時事
日常・一期一会
セレブの住まい
 ージャクリーン・ケネディ
 ージョンF・ケネディJr.
 ールパード・マードック
 ーSATCのMr.Big
 ー蒋介石夫人
 ーNY1のパワーアドレス
 ーブルック・アスター
 ージャンニ・ベルサーチ
 ーニクソン元大統領
 ー100年前のマンハッタン
 ー伝説のダコタハウス
 ーバーブラ・ストライザンド
 ーマドンナ
 ーサラ・ジェシカ・パーカー
非日常への旅立ち
 ー箱根
 ー京都
 ーウィスラー
 ープラハ
 ーフランス ドルドーニュ
 ーハンプトン
 ーコート・ダジュール
 ーサウスビーチ
 ーベニス
 ーグランドキャニオン
 ータイ
 ー京都
NY1%未満のマネー術
NYここだけ内緒のお話
メディア掲載記事
VOGUE寄稿記事
プロフィール
目からウロコHealth&Beauty
NY1%未満の子育て

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
It's a Small...
ケチケチ贅沢日記
Venus World
Salon de Bij...
こえだニューヨーク
日々の暮らしの中で
ひとりぼっちランチ
madameHのバラ色の人生
latte di luna
keiko's pari...
LIVING PHOTO
やわらかい陽ざしのなかで
My style

ライフログ


ニューヨーク発・幸せになれる体質作り―Giving上流の極意


Debrett's New Guide to Etiquette and Modern Manners: The Indispensable Handbook


The 48 Laws of Power


NY発 世界基準の女の心得

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
ファッション