相手を変えようとしなければ相手は変わる逆説のルール

e0136254_77575.jpg


Rish NYで2年以上モデルをしていただいている蟹瀬令奈さんのお母さまの令子さんは博報堂時代は「ヨード卵・光」や、ユニ・チャーム「ムーニー」を生み、化粧品会社「オリジン」や「ボディショップ」を日本に上陸させて成功させたスーパーキャリアウーマンです。

娘のれなちゃんの肌荒れをなんとか治してあげたいと数年前化粧品会社レナ・ジャポンを立ち上げられ、現在はすばらしい商品を作り出してらっしゃいます。

れなちゃんの肌は、今や肌荒れに悩んだスーパーセンシティブな肌の持ち主とは思えないほどつるつる、ピカピカです。
(わたしのお気に入り商品を追ってご紹介します)

たくさんの方がご存知だと思いますが令子さんのご主人さまはニュースキャスターの蟹瀬誠一さんです。
令子さんと誠一さんは大学時代に知り合われもう40年以上ごいっしょだそうです。


その令子さんに夫婦円満の「究極の秘訣」を伺いました。
今日はそれをみなさんとシェアさせてください!
令子さんいわく、夫婦円満の秘訣は・・・

相手を変えようとしないこと


令子さんは何気なくおっしゃったのですが実行するとなるととても難しいですね。

つい期待してしまいませんか?

もっとしっかりしてほしい

もっと優しくしてほしい

もっとわたしや子供との時間をたくさんとってほしい

もっと稼いでほしい

もっと出世してほしい


なはは、きりがありませんね。笑

実はこれ、わたしも自戒をこめて二冊目の拙著に書かせていただいたことです。

女性は結婚により姓が変わり、妊娠により体型が変わり、
何かと七変化が得意です。
変わろうと思えばわりと無理なく自分を変えられます。

一方、男性は変化を好まない生き物のようです。
だから彼らを変えようとするのは至難のワザです。
(よろしければこの詳細は拙著へどうぞ)


でも、わかってはいてもつい思いませんか?
相手を変えたいって。

わたしはいつも下記のようなことでため息をついていました。

ポイポイ脱ぎっぱなしの靴下、自分で拾ってくれたらな。

食べたあとの食器、せめて自分の分だけでも流しに持って行ってほしいな。

食事のときすぐにメールをチェックするのやめてほしいな。

などなど。

自分だって「なくて七癖」いっぱいクセがあって全然完璧じゃないのについそれは棚に上げてね。。。


でも、長くいっしょに暮らすと、気づくんですよね。
簡単に変えられることとどうにも変えられないことがあることに。
我が家の場合、
食事の後はだまっていても食器を片付け洗ってくれるようになりましたが
靴下だけは、いつもその辺にころがってます。

「そういうとき相手を変えようとしないの」と令子さん。

相手をそのままで受け入れてみる。

「何度言ってもダメね」
とため息をつく代わりにささっとその靴下を自分で拾う。  笑
その際、あからさまにため息をついたりイヤな顔をしたりせずにね。

考えてみれば靴下一足や二足拾うのに10分も20分もかかるわけではありませんものね。

どうしても拾いたくないならそのまま放っておけばいいし
でもそれができないなら自分で拾えばいいだけなのに。

自分の七癖を棚に上げてついつい言いたくなるし機嫌も悪くなるんですよね、これが。


同様に、もっと出世してほしいと思うなら
たとえば彼が帰宅するなり仕事の愚痴をいい始めたら
だまって辛抱強く聞いてあげるだけで随分違うはず。
あの、半沢直樹の妻のように。。。

これなら、わたしも9時5時ではおさまらないストレスの高い仕事をしていたので分かります。

だまって共感して、時にいっしょになって怒って聞いてくれるだけですごく楽になれるんですよね。
そしてまた明日もがんばろうとリチャージできる。
そしてその成果はきちんと形にあらわれるんです。

でもこちらも疲れているのにグチグチいわれると
つい女々しいよ!とイライラしたり、
いい加減に上の空で聞き流したりしがちです。



けれど今日こそ相手を変えようとする前にこう伝えてみましょ。

「今のままのあなたが好き」


相手を変えようとしていたときは
いつも行き先はフラストレーションだったのに
ありのままの相手を受け入れた途端、相手が変わり始める。

これは子育てでも経験することですよね。


今のままのあなたが愛おしい

条件なしで好き

この気持ちをもう一度再確認してみましょ。
それをきちんと伝えられれば相手も変わり始めますよ^^



令子さん、ありがとうございました!!





【SHOP NOW】
これからの季節腋の下の汗が気になりますね。
Rish NYではジュリー・ブラウンの水玉ワンピースのように腋の下の開きが深めのタイプのものもご用意しています。
これなら涼しいしお洋服に汗ジミがつく可能性がうんと低くなります。
e0136254_763066.jpg


しかも裏地もTシャツのような汗を吸い取ってくれる素材で細やかな二重の対策はうれしい限りです。
http://www.rishny.com/SHOP/jb-s15-11.html


脇や背中が深めに開いているアウターにはたとえばワコールから出しているこんなタイプのブラなら下からブラが見えてしまう心配がありません。
http://store.wacoal.jp/disp/CSfLastGoodsPage_001.jsp?GOODS_CD=UB5003&COLOR_ID=BL


e0136254_732445.jpg

令奈ちゃんと令子さん。
母娘の関係もお手本にしたいことがいっぱいです!
[PR]
by rumicommon | 2015-07-05 07:09 | NY女子力UPルールズ | Comments(0)


ニューヨークから見える日本人や日本のすばらしさ、時に不思議に感じることなど


by rumicommon

プロフィールを見る

カテゴリ

女目線で応援するいい男」
NY女子力UPルールズ
NY流女の生き方
NY1%未満の時事
日常・一期一会
セレブの住まい
 ージャクリーン・ケネディ
 ージョンF・ケネディJr.
 ールパード・マードック
 ーSATCのMr.Big
 ー蒋介石夫人
 ーNY1のパワーアドレス
 ーブルック・アスター
 ージャンニ・ベルサーチ
 ーニクソン元大統領
 ー100年前のマンハッタン
 ー伝説のダコタハウス
 ーバーブラ・ストライザンド
 ーマドンナ
 ーサラ・ジェシカ・パーカー
非日常への旅立ち
 ー箱根
 ー京都
 ーウィスラー
 ープラハ
 ーフランス ドルドーニュ
 ーハンプトン
 ーコート・ダジュール
 ーサウスビーチ
 ーベニス
 ーグランドキャニオン
 ータイ
 ー京都
NY1%未満のマネー術
NYここだけ内緒のお話
メディア掲載記事
VOGUE寄稿記事
プロフィール
目からウロコHealth&Beauty
NY1%未満の子育て

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
It's a Small...
ケチケチ贅沢日記
Venus World
Salon de Bij...
こえだニューヨーク
日々の暮らしの中で
ひとりぼっちランチ
madameHのバラ色の人生
latte di luna
keiko's pari...
LIVING PHOTO
やわらかい陽ざしのなかで
My style

ライフログ


ニューヨーク発・幸せになれる体質作り―Giving上流の極意


NY発 世界基準の女の心得

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
ファッション