ヘリコプターでカジノに連れて行ってくれた男

ずっと忘れていた結婚前の危機。

20周年の結婚記念日に

なぜか突然思い出して。

今ではもちろん笑い話です。



「彼がヘリをチャーターして、

ニューヨーク郊外のカジノの街、

アトランティックシティに

連れて行ってくれたの」

と、その女性はいいました。



夫とつきあい始めてすぐ
無言電話が何度かかかってくるようになったのです。
その主が彼女でした。


電話がなり受話器を取ると
沈黙だけが重苦しく伝わってきました。


でも、無言電話の先には、
息づかいが感じられ
それは女性だという確信がありました。
そんな電話が何度かかってきたのです。
一度だけなら
気にもしなかったのですが
度重なると気持ちが悪いものです。


今なら立派な「ストーカー行為」
つまり犯罪です。
わたしは逆探知機能で
その番号にかけてみました。
(今のようにCall IDはないので番号はわかりませんが、その番号にたどり着くことはできたのです)



最初は留守番電話でした。
二度目も留守電でした。


翌日、3度目の正直
とうとう本人が出ました。

「あなたから何度か無言電話をいただいているものです」
と、わたしは淡々と自己紹介をしました。


すると一瞬ひるんだ彼女でしたが、
すぐに開き直りました。


自分も夫とデートをしている(現在形)というのです。
そしてこうも言いました。



彼がヘリをチャーターしてアトランティックシティに連れて行ってくれたわ」

目の前が真っ暗とはこのことです。
打ちのめされた気持ちになりました。
デートはまだ二回だけでしたが
わたしにはそんなゴージャスで
お金のかかるデートはしてくれません。笑


一度目は食事、二度目は映画を見に行っただけ。
まるでB級映画のワンシーンを演じている気分でした。


ショックを受けながらも
少し他人ごとみたいで
どこかに冷静さが残っていました。
わたしも30代までシングルで
周囲の女ともだちの
元カノ絡みの武勇伝は
いろいろ聞いていたことを
思い出したのです。


たとえば、彼のマンションに
彼より先に入ってお手洗いに行くと、
トイレットペーパーが
きれいに三角形にたたんであったとか。


つきあい始めたころ
彼のマンションに行くと
バスルームのキャビネットに
生理用品を見つけた友だちも。


また、別の友だちが
彼がLAに住んでいて
遠距離恋愛をしていたころ
彼を驚かせようと
LAまで行った時のこと。


空港からその足で
彼のマンションを訪ねたら
アメリカ人の女性が出て来たとか。
上記の3人はそれぞれ
修羅場にもなりかねない
状況を乗り越え
その時の彼と結婚


今も、20年以上夫婦円満です。



結婚前、
まだだれともコミットしてないうちは
お互いに数回デートをしても
それはある意味お試し期間です。
すぐに結婚に直結するわけじゃない。



夫はわたしより少し年下だけど
20代のときは、ほんの数年
結婚もしていました。
子供こそいないけれど
彼女はいても不思議ではない。


そう思っていたので、
わたしが逆の立場なら
彼女がしたようなことは
決してしなかったでしょう。


そんなことをすれば
彼の耳に必ず入ります。



自分の品位を貶め
さらに彼の気持ちは離れるだけ。
といっても、わたし
思ったことをそのまま口にして
しくじったこともあります。笑


でも、失うものが大きすぎる場合は
プライドが邪魔をするのか
それとも腹が座るのか
却ってできなくなります。



それに、その時は
上記の3人の友人たちの
気品ある振る舞いを思い出し
冷静さが戻りました。(やれやれ)



が、一方で、
彼女の捨て身で必死な気持ちは
女として理解できないわけではありません。
それに彼女の話しを聞けば
彼の意外な面を
知ることになるかもしれません。


そこで、怖いものみたさも手伝って
彼女の話しを聞いてみることにしました。
もちろんそれは
聞いていて胸がチクチク痛む内容でした。



が、我慢して聞いているうちに
彼女は、性格の片鱗や人間性、
もっというとボロを
ポロポロ見せ始めました。



人間、たくさんしゃべればしゃべるほど、ほころびが出るものです。
そのうち、何かおかしいと思いはじめました。



わたしが彼から受けた印象は、
バブル時代の日本で
見て来た男たちとは
完璧に一線を画すものでした。
お金に対しとても堅実な人という印象だったのです。



その彼が、ヘリでカジノに連れて行ったなんて。
しかも知り合って間もない女を。


ありえない。


それより、初めてのデートの後に、
「きみとは結婚すると思う」
と、両手で大切なものを
包むように握りながら
真摯な笑顔でいってくれた
その言葉のほうが
信じられると思ったのです。
(あ、ノロケました? すみません。もう20年以上前のことです)



20年いっしょにいてさらに確信。
あれは彼女の作り事だったって。



e0136254_10462095.jpg
今年もヴァレンタインデーは
家で簡単なディナーを作ってすませました。
夫が買って来たのは真っ赤な薔薇の花ではなくて
ハート型のそれはそれは美味しいケーキでした。



その話しには後日談があります。
結婚してすぐの頃



カフェでお茶を飲んでいたとき、
突然、夫がこういったのです。
「やばい、今、例の彼女が通ったよ。
ウィンドウごしにこちらに気づいて、
通り過ぎてまた引き返してきた。
きみの顔を確認したかったんだと思う」と。



つかの間のおつきあいだったのに、
彼女は彼のことを
相当引きずっていたんですね。



正直、ちょっと怖くなりました。
が、同時に気の毒な気もしました。
1日も早くいい人が現れて
彼への執着心を捨てられ
過去のできごととして
先に進めますように。



自分への保身もあり
心からそう願いました。


「誓っていい。きみと会ってすぐに、彼女にはもう会えないと伝えた」
と、夫。


もし、あの時
彼女のヘリコプターの話しを信じ
一人炎上していたら。
今のわたしたちはなかった。


かわいい娘に出会うこともなかった。



人生ってほんの少しのことで、全然違う方向にいってしまうもの。
彼女のいうことではなく
彼を信じて本当によかった。



今日は、何がいいたかったかというと。
恋愛で痛い思いをしたときが、
わたしたちの品格が試される時。



恋愛も、結婚も、ビジネスも
人間関係のすべては
不慮のトラブルに
巻き込まれたときこそがふんばり時。
人が何と言おうが
自分と、愛する人を信じて突き進む覚悟
辛いからこそありったけの品格の見せどき。


わたしたちの真価が問われる時。
わたしだってもちろんあります
フラれたこと。
こてんぱんな思いをしたことも。
立場が逆になることもある。
でも、こんなときです。
愛が試されるのは。


トイレットペーパーの彼女と
生理用品を見つけた彼女と
LAサプライズ訪問の彼女は
一体その時どうしたのか。
次回はその辺りから。
引き続きみなさん、よい週末をお過ごしください。
今週末、夫が久しぶりにマッサージをしてくれました。
喧嘩しながらも、今も仲良くしていますよ。


Rish NYSHOP NOW】

あのトルドー首相夫人もコレクター。

一年保証付きデザイナーズ・コスチュームジュエリー

e0136254_10455905.jpg
e0136254_10460124.jpg


まさに一生モノ。デザイン性も普遍。

清水買いをしても後悔しないブレスレット

http://www.rishny.com/SHOP/dd-s17-05.html

e0136254_10455326.jpg

手首にすぽっとおさまりのいいブレスレット

小さな半円真珠が特徴です。

http://www.rishny.com/SHOP/dd-s17-02.html



e0136254_10454871.jpg

揺れるとふと目を奪われる半円真珠のイヤリング

http://www.rishny.com/SHOP/dd-s17-03.html



e0136254_10452431.jpg

変形フープ。ジルコニアがキラキラ控えめに光るデザインです。

http://www.rishny.com/SHOP/dd-s17-04.html




インスタグラム Rish NY Instagram

フォローありがとうございます!

ニューヨークのライフスタイルを母&娘(大学生)チームでご紹介しています。
フォローやいいねをくださるみなさんのところにお邪魔するのが本当に楽しみです^^

Rish NY/リッシュ・ニューヨークの新製品やそのコーディネイトはFacebookをチェックしてください
Rish NY Facebook  ⬅Click♡
お値打ち情報を更新するたびにいち早くお届けできます!

Rish NY/リッシュ・ニューヨークニュースレター
耳寄り情報はニュスレターでお届けしています。
登録はこちらからどうぞ

ここからお店に飛んでいただけます。CLICK⬇

e0136254_10451492.gif


[PR]
by rumicommon | 2017-04-05 10:50 | NYここだけ内緒のお話 | Comments(0)


ニューヨークから見える日本人や日本のすばらしさ、時に不思議に感じることなど


by rumicommon

プロフィールを見る

カテゴリ

女目線で応援するいい男」
NY女子力UPルールズ
NY流女の生き方
NY1%未満の時事
日常・一期一会
セレブの住まい
 ージャクリーン・ケネディ
 ージョンF・ケネディJr.
 ールパード・マードック
 ーSATCのMr.Big
 ー蒋介石夫人
 ーNY1のパワーアドレス
 ーブルック・アスター
 ージャンニ・ベルサーチ
 ーニクソン元大統領
 ー100年前のマンハッタン
 ー伝説のダコタハウス
 ーバーブラ・ストライザンド
 ーマドンナ
 ーサラ・ジェシカ・パーカー
非日常への旅立ち
 ー箱根
 ー京都
 ーウィスラー
 ープラハ
 ーフランス ドルドーニュ
 ーハンプトン
 ーコート・ダジュール
 ーサウスビーチ
 ーベニス
 ートスカーナ
 ーグランドキャニオン
 ーボストン・セーラム
 ータイ
 ー京都
NY1%未満のマネー術
NYここだけ内緒のお話
メディア掲載記事
VOGUE寄稿記事
プロフィール
目からウロコHealth&Beauty
NY1%未満の子育て

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
It's a Small...
ケチケチ贅沢日記
Venus World
Salon de Bij...
こえだニューヨーク
日々の暮らしの中で
ひとりぼっちランチ
madameHのバラ色の人生
latte di luna
keiko's pari...
LIVING PHOTO
やわらかい陽ざしのなかで
My style

ライフログ


ニューヨーク発・幸せになれる体質作り―Giving上流の極意


NY発 世界基準の女の心得

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
ファッション