あなたのクローゼットが命を縮めている

みなさま、おはようございます。

今日はとても大切なことについて書かせてください。


ぜひ一人でも多くの方に読んでいただきたいのです。


特に几帳面な方は読んでね。


わたしもこれを知った時、

倒れそうにショックをうけました。


みなさんは

季節の変わり目に衣替えをされると思います。

その際、特に重衣料などは

ドライクリーニングをご利用になると思います。


クリーニングから戻って来た

服はどのように収納されていますか?


冬の重衣料などは、

ビニールなどのカバーをかけて

そのまま丁寧にしまわれるのかしら。


それとも昔なつかしいナフタリンとか使ってます? 


衣替えに限らず、

着ない洋服は普段か

よごれがつかないように

カバーをかけたままにしている方いらっしゃいます?


もし、あなたが几帳面なタイプで、

上記の記述すべてに当てはまるなら。

今日からその習慣をやめてくださいませ。

そしてここからを読んでください。


e0136254_08151153.jpg

これはRish NYの夏のワンピが並ぶわたしのバケーション中クローゼット

家のクローゼットも同様です。

①ハンガーが統一されている

②クリーナーのカバーはすべて外されている




ニューヨークベースで活躍する

アンチエージングのカリスマ

オズ先生は、こうおっしゃってます。


「もし、クリーニングに出したあとの洋服をそのままカバーをかけてクローゼットにしまっているとしたら、今日からそれはやめてください」


え~~~!!! 


しかも、


クリーニングに出す回数はできる限り減らしてください。

洋服をクリーニングに出した時は、服が戻ってくるやいなや、すぐにビニールのカバーは外し、服はテラスなど外の風通しのよいところに1時間以上陰干しをしてください。

それが無理なら、クローゼットが密閉され通気性が悪くならないよう、できるだけ空気の入れ替えをしてください

つまり、クリーニングから戻ってきた洋服をそのまま収納してしまうのは一番してはいけないことなんです。


その理由は、クリーニングに多く使用される溶剤(PERC)が腎臓や神経にダメージを与え、癌を引き起こす可能性があると考えられているからなんです。


つまり、

カバーをかけたままにしていると、洋服にその溶剤が残り、ちりも積もれば山となって体に害を与える ポーン


そのためニューヨークでは昨今、その溶剤を使用することをやめたクリーニング屋さんが出てきました。


とはいっても、まだまだ数は少ないの。


なぜならば、危険な溶剤(PERC)を使うほうが圧倒的によく落ちるから。


昔使用したナフタリンももちろんダメなんです。


今回もつくづく思ったのですが、知らないってことは本当に怖いことですよね。


骨のためにと

カルシウムばかり摂取してても

ビタミンDも摂取してなければ意味がないとか。

(ビタミンDの重要性は日本ではあまりいわれてない気がします)


汗を抑えてしまう制汗剤は、

ある意味、放射線の怖さと同じで、

癌を発症する可能性があるなんて。


オズ先生のアンチエージングのポイント、ぜひこちらも合わせてどうぞ^^

オズ先生のアンチエージング


また家族の健康のために、

今、カバーのかかっている服を

すぐにチェックしてみてください。


そしてすべて取り外して

陰干ししてください。


宝石ブルー英文ですが、がんばって読む価値あります!

You: Staying Young: The Owner's Manual for Extending Your Warranty (English Edition)

Michael F. Roizen,Mehmet Oz/Scribner

undefined





Rish NY でご紹介する服は

できる限り洗えるものを

選ぶようにしています。


一部、冬のアウターや

生地によっては洗えないものもあります。


そういうものは出来る限り

ドライクリーニングの回数を減らし、

戻って来たらすぐに

プラスティックカバーを外してくださいね。


また、収納前に1時間以上の日陰干しを習慣にしてください!


それでは今日もよい1日を。


昨晩発売になった商品はどれも!

洗えます!



ビックリマーククローゼット関連記事

クリップNYの女のクローゼット

クリップセラ・ジェシカ・パーカー所有のタウンハウスのインテリア

クリップされど服の手入れで人生は変わる



Rish NY SHOP NOW】

完売人気商品再入荷!


e0136254_08214105.jpg

上質な夏の主役、麻の一種、ラミーという素材を使ったトップスです。

ラミーは麻のグループに入る素材で苧麻(ちょま)と呼ばる多年草の植物です。

何がいいかってそのシャリ感と涼感に優れた雰囲気。
しかも丈夫な素材です。
金曜日に発売になる2点はどちらもラミーとコットンを混紡にしています。

ラミーだけだとリネン同様、ちょっとゴワゴワ感が気になる方もいらっしゃるから。コットンを混紡することで質感が和みます。

湿度が高い日本のこれからの季節を涼しげに乗り切る心強い味方です。

左/バッグにしのばせて真夏まで重宝するボタンなしカーディガン



e0136254_08221168.jpg
http://www.rishny.com/SHOP/mb-s17-01.html
薄手サマーニットです。透け感が決め手。きれいなキャミをインナーにどうぞ。
黒やヌード色、レースがあってもきれいかも。



旬度はボトムから

毎シーズン旬のボトムで似合いそうなものに一つ挑戦する。

気分も上がるしワードローブの鮮度も上がります。

http://www.rishny.com/SHOP/list.php?Search=new-bottom

e0136254_07173872.jpg
e0136254_07173946.jpg
e0136254_07173599.jpg
e0136254_07173370.jpg




インスタグラム Rish NY Instagram

フォローありがとうございます!

ニューヨークのライフスタイルを母&娘(大学生)チームでご紹介しています。
フォローやいいねをくださるみなさんのところにお邪魔するのが本当に楽しみです^^


Rish NY/リッシュ・ニューヨークの新製品やそのコーディネイトはFacebookをチェックしてください
Rish NY Facebook  ⬅Click♡
お値打ち情報を更新するたびにいち早くお届けできます!


Rish NY/リッシュ・ニューヨークニュースレター
耳寄り情報はニュスレターでお届けしています。
登録はこちらからどうぞ







[PR]
by rumicommon | 2017-05-20 08:30 | 目からウロコHealth&Beauty | Comments(0)


ニューヨークから見える日本人や日本のすばらしさ、時に不思議に感じることなど


by rumicommon

プロフィールを見る

カテゴリ

女目線で応援するいい男」
NY女子力UPルールズ
NY流女の生き方
NY1%未満の時事
日常・一期一会
セレブの住まい
 ージャクリーン・ケネディ
 ージョンF・ケネディJr.
 ールパード・マードック
 ーSATCのMr.Big
 ー蒋介石夫人
 ーNY1のパワーアドレス
 ーブルック・アスター
 ージャンニ・ベルサーチ
 ーニクソン元大統領
 ー100年前のマンハッタン
 ー伝説のダコタハウス
 ーバーブラ・ストライザンド
 ーマドンナ
 ーサラ・ジェシカ・パーカー
非日常への旅立ち
 ー箱根
 ー京都
 ーウィスラー
 ープラハ
 ーフランス ドルドーニュ
 ーハンプトン
 ーコート・ダジュール
 ーサウスビーチ
 ーベニス
 ーグランドキャニオン
 ータイ
 ー京都
NY1%未満のマネー術
NYここだけ内緒のお話
メディア掲載記事
VOGUE寄稿記事
プロフィール
目からウロコHealth&Beauty
NY1%未満の子育て

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
It's a Small...
ケチケチ贅沢日記
Venus World
Salon de Bij...
こえだニューヨーク
日々の暮らしの中で
ひとりぼっちランチ
madameHのバラ色の人生
latte di luna
keiko's pari...
LIVING PHOTO
やわらかい陽ざしのなかで
My style

ライフログ


ニューヨーク発・幸せになれる体質作り―Giving上流の極意


Debrett's New Guide to Etiquette and Modern Manners: The Indispensable Handbook


The 48 Laws of Power


NY発 世界基準の女の心得

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
ファッション