ファッションビジネスのプリンシパル

日本の復興を納税(法人税や所得税)を通じても応援したい

そんな心意気で、あの大震災の後に立ち上げたRish NY/リッシュ・ニューヨーク


多くの企業が海外に流出していく中で

日本に会社がなくては意味がない。

そう強く思い日米で起業しました。

扱っているのはお洋服やアクセサリー。

すべて、ニューヨークで買い付けた、才能を感じる新進のブランドが中心です。







e0136254_13123964.jpg



みなさんへのメリットを最大限に考え、お手元への発送作業は東京オフィスからしています。

これですと、みなさんのメリットは3つ、

海外通販の多くとは違い

①みなさんは関税を支払う必要がない

②返品&交換が国内で簡単にできる

そしてこれはどの他社をも抜きん出ていると自信をもっています。

③血の通った顔の見えるカスタマーサービスを日本語で提供



わたし自身、お買い物をしてくださった方全員のお名前とお買い物くださった内容をすべて把握しています。

メールのやりとりもすべて目を通していますよ。

お買い上げくださった方が一言メールをくださるのが何より嬉しくて励みになっています!


Rish NY/リッシュ・ニューヨークのカスタマーサービスは、ニューヨークで15年以上にわたり、第一線で経験した高額不動産販売の経験が血となり肉となっています。


また一見無味乾燥なオンラインでのお買い物ですが、江戸時代から続く、かつては番頭さんが仕切っていた老舗呉服屋さんの上顧客へのサービスのようなものもご経験いただければと務めています。


拙ブログを読んでくださっている方はご存知だと思うのですが。

一見、華やかなファッションビジネスですが。


本当に、好きじゃなければ続かない業界です。


生地選びからデザイン、パターン起こし、

裁断、縫製、検品

未だに多くの人の手を経て

やっと1枚の商品になるのです。

そのため、トラブルも発生しやすい。


しかも国をいくつもまたぐと、想像も絶するようなことが起ります。


半年前に買い付けたものを無事、皆さんのお手元にお届けし、喜んでいただけると、ほっと胸をなで下ろし、ひとしおな気持ちを味わうのはそのためなんです。


まさに1枚1枚が可愛い「服子」です。

買ってくださった方を幸せにしてあげられますように。

また、大切に扱ってもらえますように。

そんな気持ちで送り出します。


昨今はファストファッションが世界を席巻し、お洋服は使い捨てできるほど廉価で買えるようになりました。

消費者にとってそれは一見とてもいいことです。

が、それは発展途上国の多くの人の命と環境汚染が下敷きになって成立しているのです。


クリップあの服が激安で手に入る怖い理由


メイド・イン・チャイナのはるか前、実は洋服の多くは日本製でした。

その繊維の問屋街を庭のようにして育ったわたしは、中国に繊維の中心が移動した後、街全体がどんどん廃れていくさまも見てきました。

そして今、メイド・イン・チャイナはベトナムやバングラディシュに移り、ファスト・ファッションの多くはそこで作られています。


洋服は、どんなに安く買えるようになっても、ベルトコンベアーに乗せて機械が全行程を作れるわけではないのです。


洋服はいまだに1枚1枚がミシンを扱う人の手で縫われています。

テクノロジーがこれだけ進化しても、この分野だけはあまり変わっていません。


つまり、同じ工程を踏むのに、あれほど激安で提供できるのは

激務をただ同然の賃金でこなしている(主に)女子工員たちが犠牲になっているから。

ファッションの業界に身を置いていると、華やかな夢を売る業界の裏側に、血も涙もない労働搾取が存在することを知らないではすまされません。


また、ファスト・ファッションは、ファッション業界全体に殴り込みをかけました。

弱肉強食の世界はさらに拍車をかけ、新進デザイナーは生き残りにくくなりました。

大手ですらどんどん倒産に追い込まれています。



1週間単位で一流ブランドのデザインをコピーして販売。

が、オリジナルの会社が倒産に追い込まれては次は何をコピーするのでしょう。

Rish NY/リッシュ・ニューヨークでは、開発途上国の工場で不当な搾取を強いている会社の商品は決して扱うまいと決めています。


といっても、ファスト・ファッションを買うことを批判する気持ちはありません。

買うなら、どんな工程を経て作られたのかしっかり理解し、大切に着てあげてほしいなと思うだけです。

昨年、日本を代表するファスト・ファッションのブランドが値上げを発表したとき

工場の労働者たちの賃金を上げるためと知り、わたしは真っ先にその商品を購入しました。

応援の意味をこめて。


またスカンジナビアのファスト・ファッションの会社がハイエンド・ブランドを別に始めて以来、そちらを応援の意味で、個人的に購入しています。


お洋服やアクセサリーは直接肌に身につけるもの


だからこそ、


作る工程で悲しい思いをしている人が存在する会社の商品はできるだけ避ける

それをいつも肝に命じています。


Rish NY/リッシュ・ニューヨークの商品は、買ってみると、サイトの写真より、実物のほうが素材感がうんといい。

と、よくおっしゃっていただけます。


オンラインの写真のほうが実物よりいいのは問題ですが、せめて同じクオリティを写真に写せるようになったらな、と思い、これからも精進してまいります。



最後に、海外にお住いの方への発送ですが。

残念ながら今の時点ではしておりません。

一度税関を通り日本に入った商品を、再び海外に税関を通して送り出すと、交換や返品をいただくのが難しいなど、いろいろと難関があるからです。

が、海外にお住いの方が一時帰国をされる際に、よくお買い物いただいています。

その場合は、日本で滞在される(ホテルも含む)住所を余裕をもって書いてくだされば、お送りすることができます。

ご不便をおかけしますが、どうぞご理解のほどよろしくお願いします。

最後に最近ちょうだいし、とてもうれしかったメールを書かせてください。


ソウルのフォーシーズンズに
急に宿泊することとなり、
(日本の住所への発送を)

すぐに対応していただき
大変感謝しております。

領収書にコメントまで書いていただき
ありがとうございました。

きちんとしたドレスがある、との安心感は
心に余裕をもたせてくれました。

それよりなにより
きちんとした服を着たことで
子供達が一番喜んでくれました。
(手荷物だけで飛んだので
靴は目をつぶってください…)

なにせ子供が小さいことと
オシャレとは縁遠いドイツ、
かつ、貧乏な大都市に住んでいるため
普段カジュアルしか着ていないので。



別件ですが。
福島さまの出演なさったマツコ会議、
見ました!
美しかったです♪


加えて、ブログの5/7の記事、
飛び級と名門大学が…
には背中を後押ししてもらえました。
感謝しています!


素敵なお洋服、そして、
本当に心の糧となるブログを
ありがとうございます。

まだまだ気になるドレスが
たくさんあるので、
また日本に一時帰国の時に
購入したいと思っています。


これからもセンスの良い
ファッションとブログを
楽しみにしています。

お身体大切に

あずささん、ありがとうございます!

ミシュカお似合いです。

お送りくださったお写真のお子さんたちがあまりに可愛くて、目を細めて夫と楽しく拝見しました。

それではみなさま、今週もよいことがいっぱい起る1週間になりますように!




Rish NY オンライン受注本日31日21時より】

リバーシブル白フォックス衿取り外しラップミディ丈コート

受注期間中は定価の10%特別価格です!

来週火曜日までに頭金20%を銀行振込で

http://www.rishny.com/SHOP/sk-f17-01.html

お届けは9月中旬目安。

シーズンになってしまうともう完売

そんな経験から早めの受注会をいたします。

e0136254_13033916.jpg

裏はトープに近いブラウンがかった濃いめグレー

晩秋と春先はペールグレー側、冬は濃いめグレー側で。

流行を超えて長年着られるデザインです。

真っ白なフォックスの衿はあえて右と左

こんなふうに左右対称にしないつけ方がポイント

ポケット付き。

ミディ丈なのでフォーマルな装いにも。

またジーンズなどのカジュアルには中を開けて着こなしても素敵です。

これで一生モノのコートが見つかりました!





インスタグラム Rish NY Instagram

フォローありがとうございます!

ニューヨークのライフスタイルを母&娘(大学生)チームでご紹介しています。
フォローやいいねをくださるみなさんのところにお邪魔するのが本当に楽しみです^^


Rish NY/リッシュ・ニューヨークの新製品やそのコーディネイトはFacebookをチェックしてください
Rish NY Facebook  ⬅Click♡
お値打ち情報を更新するたびにいち早くお届けできます!


Rish NY/リッシュ・ニューヨークニュースレター
耳寄り情報はニュスレターでお届けしています。
登録はこちらからどうぞ


[PR]
by rumicommon | 2017-05-31 13:13 | NY女子力UPルールズ | Comments(0)


ニューヨークから見える日本人や日本のすばらしさ、時に不思議に感じることなど


by rumicommon

プロフィールを見る

カテゴリ

女目線で応援するいい男」
NY女子力UPルールズ
NY流女の生き方
NY1%未満の時事
日常・一期一会
セレブの住まい
 ージャクリーン・ケネディ
 ージョンF・ケネディJr.
 ールパード・マードック
 ーSATCのMr.Big
 ー蒋介石夫人
 ーNY1のパワーアドレス
 ーブルック・アスター
 ージャンニ・ベルサーチ
 ーニクソン元大統領
 ー100年前のマンハッタン
 ー伝説のダコタハウス
 ーバーブラ・ストライザンド
 ーマドンナ
 ーサラ・ジェシカ・パーカー
非日常への旅立ち
 ー箱根
 ー京都
 ーウィスラー
 ープラハ
 ーフランス ドルドーニュ
 ーハンプトン
 ーコート・ダジュール
 ーサウスビーチ
 ーベニス
 ートスカーナ
 ーグランドキャニオン
 ーボストン・セーラム
 ータイ
 ー京都
NY1%未満のマネー術
NYここだけ内緒のお話
メディア掲載記事
VOGUE寄稿記事
プロフィール
目からウロコHealth&Beauty
NY1%未満の子育て

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
It's a Small...
ケチケチ贅沢日記
Venus World
Salon de Bij...
こえだニューヨーク
日々の暮らしの中で
ひとりぼっちランチ
madameHのバラ色の人生
latte di luna
keiko's pari...
LIVING PHOTO
やわらかい陽ざしのなかで
My style

ライフログ


ニューヨーク発・幸せになれる体質作り―Giving上流の極意


NY発 世界基準の女の心得

検索

タグ

Skypeボタン

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
ファッション