えっ、男も自分磨きの罠はまるの?

インターネットもいいけれど、やっぱり本や新聞を手に取ったあの感触いいですね^^、

それにあの本や雑誌の独特の匂い。たまらない。笑

ファッション・デザイナーの山本 耀司さんも古本の匂いがお好きだったとか。


わたしも、そしてどうやら娘も同じみたい。

好きな場所で紙に触れながら読める感覚が好きで、毎日目を通すのが、

New York Times, Wall Street Journal、New York Sun,

そしてサテライト版の日本の新聞。

日経新聞で今連載中の扇千景さんの「私の履歴書」すごく面白いですね。

こんなに魅力とカリスマ性のあった方だったのね^^ とわくわくしながら読んでいます。



そして今日、興味をそそられたのは、これまたいつも楽しみにしている中野香織さんの「モードの方程式」

タイトルは「幸福の基準」のわな

なんだか、わたしが書いた本の書き下ろし部分、「向上心と自分磨きの罠」(自分磨きにはまってしまうと逆に幸せから遠ざかる理由を分析してみました)を彷彿とさせる内容なのです。


読んでいくと、自分磨きの罠に、なんと男もはまり、社会問題化しているというお話。


それは特別な専門用語まであり、

「アスレティカ・ネルヴォーザ/Athletica Nervosa」というらしい。

最近とみに増加したメンズファッション誌の美しい(男)モデルを目にすることで、

(男性が)自分の体が間違っているのではないかと不安にとらわれ、過剰なまでにボディ作りに励んでしまうことだそうです。


そして専門家によると、

デート相手のいない男のほうが、自分に自信が持てない分、

この罠にはまる傾向にあるのだそうです。



e0136254_414540.jpg

わたしが通っているジムのHPより ↑


わたしは中野さんの書かれたこの部分を読んで特に考えてしまいました。

虚構のライフスタイルのなかの美や幸福に魅せられ、

そこに手が届かないのは、自分に落ち度があると思いこみ、

理想に近づくべく自分磨きに励む結果、

ますます現実の幸福から遠ざかり・・・・というスパイラルがほの見える。



そしてこれが、おしゃれでステキなんだけどシングルという男女が増えている理由と無縁でなさそう、と締めくくっておられます。



これをニューヨークに場所を移すとどうでしょうか。

多分、この症候群に一番はまっちゃう傾向にある男性は、ゲイの方たちではないかしら。

ニューヨーク、

そしてサウス・ニューヨークといわれるマイアミのサウスビーチなんかに行くと、

ビーチで自慢の裸体をさらしている彼らたち、そりゃもう本当にきれいです。

体中の毛という毛はきれいにワックスで脱毛し、

しなやかでほどよい筋肉、にきびなど生まれてから死ぬまで縁がなさそうなきれいな肌。

ほどよく日焼けし、汚いしわとかもないよ~。

では、一般の男たちはどうでしょう。

確かにセルフエスティームの高そうな男たちは、どんなに忙しくてもジムに通ったり、

何がしかの運動の時間は作っているようだけど、

脅迫観念に駆られて、まさにオブセッション、という言葉がふさわしいほど体つくりに励んでしまうというのはあまり聞きません。

アメリカに住んでいると、自己訓練も勤勉も努力も、

ただストイックにこなすなんて考えられないことかもしれません。

学業だってスポーツだって、仕事だってどこかに遊びがあったり、楽しみにがなければ続かない、多くの人がそう思っているはずです。

それは女たちの間に極端な自分磨きの流行が生まれないのと同じかもしれません。


でもね、もっと締まったきれいな体に鍛錬しなくてはモテないとお思いの貴男、

誓ってもいい。
女が本命くんに望んでいることはそんなことじゃないよ。

女にモテる男の条件って、ある一つの価値基準に基づく外見じゃないし、
財産や年収の多さとか、学歴とかでもない。

一番核心をなすことはそんなことじゃない。

だって、よくこんな女の子の会話聞いたことありませんか?

「彼ね、某一流企業に勤めていて、年収も円で9桁。学歴も身長も高いし、いい人なのよ~。こんな彼を好きになれればどんなにわたしの人生とんとん拍子に運ぶことか・・・でも、どうしてもダメなのよ><;」

または、

「わたしの彼もう最低なの。また浮気よ。これが初めてじゃないのよ。でもやっぱり彼がいいの~><;」


健康のためには、適度なエクササイズは大切。

でもそれも程度の問題。

それより、部下や同僚の女の子たちにステキで尊敬できるといわれ、

いい女ともだちに恵まれ、

いい恋愛を長期間持続できたり、いい結婚生活を長く送っている男はみんなこんな、

「な~んだ」

「そんなこと・・・・」

と言われちゃうかもしれない共通点があると、わたしは思います。


続く
[PR]
by rumicommon | 2008-04-20 09:01 | 女目線で応援するいい男」


ニューヨークから見える日本人や日本のすばらしさ、時に不思議に感じることなど


by rumicommon

プロフィールを見る

カテゴリ

女目線で応援するいい男」
NY女子力UPルールズ
NY流女の生き方
NY1%未満の時事
日常・一期一会
セレブの住まい
 ージャクリーン・ケネディ
 ージョンF・ケネディJr.
 ールパード・マードック
 ーSATCのMr.Big
 ー蒋介石夫人
 ーNY1のパワーアドレス
 ーブルック・アスター
 ージャンニ・ベルサーチ
 ーニクソン元大統領
 ー100年前のマンハッタン
 ー伝説のダコタハウス
 ーバーブラ・ストライザンド
 ーマドンナ
 ーサラ・ジェシカ・パーカー
非日常への旅立ち
 ー箱根
 ー京都
 ーウィスラー
 ープラハ
 ーフランス ドルドーニュ
 ーハンプトン
 ーコート・ダジュール
 ーサウスビーチ
 ーベニス
 ーグランドキャニオン
 ータイ
 ー京都
NY1%未満のマネー術
NYここだけ内緒のお話
メディア掲載記事
VOGUE寄稿記事
プロフィール
目からウロコHealth&Beauty
NY1%未満の子育て

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
It's a Small...
ケチケチ贅沢日記
Venus World
Salon de Bij...
こえだニューヨーク
日々の暮らしの中で
ひとりぼっちランチ
madameHのバラ色の人生
latte di luna
keiko's pari...
LIVING PHOTO
やわらかい陽ざしのなかで
My style

ライフログ


ニューヨーク発・幸せになれる体質作り―Giving上流の極意


Debrett's New Guide to Etiquette and Modern Manners: The Indispensable Handbook


The 48 Laws of Power


NY発 世界基準の女の心得

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
ファッション