ちょっと惚れなおしたサプライズ・ギフトのタイミング

e0136254_0491489.jpg


今回は完璧な内輪話です。

なので聞きたくない方、パスしてくださいね。

結婚生活も10年を過ぎ、

子供も大きくなり、思春期に近づいてくると、

そりゃ、おうちの中もいつも平穏無事、家庭円満というわけにはいきません。

最近、我が家の娘っ子が毎朝バスルームで過ごす時間が格段と長くなりました。

髪の寝ぐせを直したり、目の下のクマとにらめっこをするのにやたらと時間を費やしているようです。

わたしも、彼女ぐらいの年齢から、バラバラの方向に立ちあがろうとするやたら多い髪の毛をなだめつけるのに毎朝格闘していたので、髪にかける情熱が理解できないわけではありません。

そして、必ず時間切れとなり、母親にせき立てられるようにして家を飛び出すのも、全く同じ。

しかし、そんな朝の混乱がもっと激化したのは昨日のことでした。

その日、

バスルームにも、彼女の部屋にも彼女ご愛用のヘアブラシが見当たらなかったからです。

どうしよう~~っ! ブラシがないよ~。

マミがどこかに置いたんでしょ、どこに置いたの! 

って・・・・・・・人のせいにしないでよ。

知らないわ。自分が置いたところにあるはずでしょ。

だってないもん。昨日ここにあったよ、絶対に。ここに置いたもん。

そんなこといわれたって、見なかったわよ。触ってもいないわよ~!


って、こんな会話、似た年齢のお嬢さんをお持ちの方なら1度や2度、交わしたことありませんか?

家の中をわざとドタバタと走り回る娘、

いいかげんにしなさい! いつも同じところに置かないからいけないんじゃない!

ともう少しで切れそうになるわたし。

ぷつ、ぷつ、ぷつ・・・・・と音が聞こえるよう。

どうしてこう、何でもおきっぱなしにするんだろう。

だからどこに置いたかわからなくなっちゃうんじゃないの~。

ぶつぶつぶつ、といいながら水泳のバッグの中、

先日お友達の家にお泊りにいくときに使用したバッグの中、

バスルームやありそうな場所をいっしょに探します。

家の中は騒然とした雰囲気に。

セットされた時限爆弾は刻一刻と爆発の時間に近づき・・・・

そこへ出かける支度をしていた夫が近寄ってきて、わたしをこそこそとキッチンに連れ込みます。

何か内緒の話をしたいよう。

こんな立て込んでいるときに~、と思いつつ耳を近付けるわたし。

夫が小声でささやきます。

あのさ、ブラシをどこに置いたかわからないのは、もちろんM(娘)が悪いし、

きみが怒るのも無理ないけど、どんなに言ってもまだ子供だからさ、

こういうことまたあると思うよ。

で、いちいち喧嘩するのは時間の無駄というものだよ。


そりゃ、時間の無駄ですよ。そんなのわかっているわよ~、と私。



まぁ、まぁ、まぁと夫。

もし僕のアドバイスを聞いてくれるなら、

ドラッグストアに行って、3つか4つ安いブラシを買ってきて、

それをかわいいラッピングに包んで、

サプライズのプレゼントとして、きみから渡してあげなよ。

3つ4つバックアップがあれば、ない! と大騒ぎすることもないし、

きっと反省もすると思うよ。

・・・・・・・・

はぁ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


絶句でした。

何事にもチープで(もとい、お金の使い方に注意深く)簡単にモノを買い与えない夫の提案だからこそ心に響きました。

こういう柔軟性は、わたしどころか、うちの親にもなかったわ。

ブラシを多めに買っておくという気は回っても、それをサプライズのプレゼントに仕掛けるなんて。

恥ずかしいけど、脱帽だわ。

道理でたくさんの部下から慕われているはずなんだわ。


この提案もニクイ! ちょっと感動しました。

しかもその手柄をわたしにくれるなんて。

そういえば、付き合い始めたころから、サプライズで小さな、でも的を得たプレゼントをくれるのがとても上手でした。

何度もほろっと喜ばせてくれました。

そうか、ここでない、ないと騒ぐ子供を叱っても何の解決にもなりませんが、

バックアップに安いブラシをいくつか買っておけば、朝の取り込んでいるときに、

無駄な喧嘩を避けることができる。


早速、近所のドラッグストアで1本5ドル未満のブラシを何種類か購入しました。

そして、クリスマスやバレンタインの残り物のありあわせのラッピングペーパーに包んで、

小さなメッセージとともに帰宅した娘にわたしました。

そうしたら、どうでしょう。

「マミ、ありがとう!!!!」とちょっと目をうるうるさせてひっしとHugしてくれました。

相当にうれしかったようです。本人なりに反省もしていたのでしょう。


こういう方法もあったのか。

ぶつぶつと怒るだけだったわたしは大反省しました。

そして、手前味噌ですみません、夫を思いっきり見直してしまいました。

もちろん、長年いっしょに暮らしていると、ありますよよね、

「もう離婚か」という危機だって。


でもこういう発見があって、だましだまし仲直りをし、尊敬を取り戻して夫婦を続けていくのかもなぁってなことをしみじみ感じました。

以来、娘がヘアブラシがない! と騒ぐこともなくなりました。



あ~めでたし、めでたし~emoticon-0159-music.gif


ご訪問ありがとうございます。
数あるブログの中からご覧いただきうれしいです。
大変に勝手な都合で恐縮ですが、コメント等は、
emoticon-0159-music.gifだれも書かない★ニューヨーク1%未満★   のほうにいただけますとありがたいです。

どうぞよろしくお願いします!
[PR]
by rumicommon | 2008-11-15 09:48 | 女目線で応援するいい男」 | Comments(0)


20年+住んで見えてきたNYの常識=日本の非常識やニューヨーカーから見た日本人のすばらしさや不思議なことなどをご紹介します。


by rumicommon

プロフィールを見る

カテゴリ

女目線で応援するいい男」
NY女子力UPルールズ
NY1%未満の時事
日常・一期一会
セレブの住まい
 ージャクリーン・ケネディ
 ージョンF・ケネディJr.
 ールパード・マードック
 ーSATCのMr.Big
 ー蒋介石夫人
 ーNY1のパワーアドレス
NY流女の生き方
 ーブルック・アスター
 ージャンニ・ベルサーチ
 ー100年前のマンハッタン
 ー伝説のダコタハウス
 ーバーブラ・ストライザンド
 ーマドンナ
 ーニクソン元大統領
 ーサラ・ジェシカ・パーカー
非日常への旅立ち
 ー箱根
 ー京都
 ーウィスラー
 ープラハ
 ーフランス ドルドーニュ
 ーハンプトン
 ーコート・ダジュール
 ーサウスビーチ
 ーベニス
 ーグランドキャニオン
 ータイ
 ー京都
NY1%未満のマネー術
NYここだけ内緒のお話
メディア掲載記事
VOGUE寄稿記事
プロフィール
目からウロコHealth&Beauty
NY1%未満の子育て

お気に入りブログ

It's a Small...
ケチケチ贅沢日記
こえだニューヨーク
madameHのバラ色の人生
keiko's pari...
やわらかい陽ざしのなかで

ライフログ


ニューヨーク発・幸せになれる体質作り―Giving上流の極意


Debrett's New Guide to Etiquette and Modern Manners: The Indispensable Handbook


The 48 Laws of Power


NY発 世界基準の女の心得

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
ファッション