リセッション時のアート

e0136254_6314096.jpg

毎年楽しみにしているマイアミのアートバーゼル。

昨年12月も参加しました。

2年前は、世界中からプライベートジェットで、大勢のアートコレクターがおしかけ、

サウスビーチはどこに行っても、華やかなパーティの目白押し、

コンベンションセンターをはじめ、

Scopeなど各所40か所以上の会場では大いに盛り上がっていました。

それに引き換え、昨年12月のアートバーゼルは、とても静かでした。

それでも、こんなユニークな作品が目を惹きました。

e0136254_6322545.jpg


e0136254_6324057.jpg




けれど、チェルシーに画廊をもつ友人は、

開催期間中、売れた作品は3つだけだったと言っていました。



今年に入り、

アート業界にも、

不況の波は押し寄せているようで、

名門オークション会社のサザビーズやクリスティーズでは、

20%以上のレイオフ。


それでも、

今月末には、

昨年亡くなられたファッションデザイナーのイブ・サンローランの遺品となる、

総額500億円というアートの数々が、

パリのグランパレで展示され、

競売にかけられるようです。

e0136254_632920.jpg



経済的に厳しい逆風が吹き荒れる中、

富裕層が困窮した際、まずすることは、

セカンドハウスやアートなどの普段の生活には困らないぜいたく品を売りに出すことだと言われています。

ということで、このサンローランの遺品たち、

果たして高値で売れるのかどうか、

とても気になるところです。



不況といえば、

1930年代の世界大恐慌の時代は、

アーチストたちを守り、育成するために、

ニューディール政策の一環で、

政府がアーチストたちを雇い、

市民たちの暮らしを描くというミッションを与えたそうです。

これから、アート界、どうなっていくのでしょう。


e0136254_636061.jpg

[PR]
by rumicommon | 2009-02-21 06:51 | NY1%未満の時事 | Comments(0)


ニューヨークから見える日本人や日本のすばらしさ、時に不思議に感じることなど


by rumicommon

プロフィールを見る

カテゴリ

女目線で応援するいい男」
NY女子力UPルールズ
NY流女の生き方
NY1%未満の時事
日常・一期一会
セレブの住まい
 ージャクリーン・ケネディ
 ージョンF・ケネディJr.
 ールパード・マードック
 ーSATCのMr.Big
 ー蒋介石夫人
 ーNY1のパワーアドレス
 ーブルック・アスター
 ージャンニ・ベルサーチ
 ーニクソン元大統領
 ー100年前のマンハッタン
 ー伝説のダコタハウス
 ーバーブラ・ストライザンド
 ーマドンナ
 ーサラ・ジェシカ・パーカー
非日常への旅立ち
 ー箱根
 ー京都
 ーウィスラー
 ープラハ
 ーフランス ドルドーニュ
 ーハンプトン
 ーコート・ダジュール
 ーサウスビーチ
 ーベニス
 ートスカーナ
 ーグランドキャニオン
 ーボストン・セーラム
 ータイ
 ー京都
NY1%未満のマネー術
NYここだけ内緒のお話
メディア掲載記事
VOGUE寄稿記事
プロフィール
目からウロコHealth&Beauty
NY1%未満の子育て

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
It's a Small...
ケチケチ贅沢日記
Venus World
Salon de Bij...
こえだニューヨーク
日々の暮らしの中で
ひとりぼっちランチ
madameHのバラ色の人生
latte di luna
keiko's pari...
LIVING PHOTO
やわらかい陽ざしのなかで
My style

ライフログ


ニューヨーク発・幸せになれる体質作り―Giving上流の極意


NY発 世界基準の女の心得

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
ファッション