母娘で同じ本を読む

The Reader


娘がはいはいを始めたころ、
朝目覚めた娘を、クリブ(ベビーベッド)から出してあげて、
まず最初に彼女の目のつく場所に、
赤ちゃん用の、見て、かじって楽しい
小さな本をたくさん並べていました。

本を読む楽しみを小さいころから知っていれば、
それは、人生のかけがえのない財産になるのではないかと思ったから。

その楽しみを子供にも知ってほしかったので、
子供の目の前でも、
平気で本や新聞を読み続けました。


トイレットトレーニングをしているときは、
ポティに座らせ、おしっこがでるまで退屈しないように、
次々にせがまれて
一度に10冊ほどの本を読み聞かせ、
結局おしっこは出なかったことも
今となっては楽しい思い出。

話はいきなり飛びますが、

幕末の時代、

初代米国日本総領事として
日本の門戸を開けたタウンゼント・ハリスも、
氏が書かれた日記を読む限りでは、
大変に情緒豊かで知的な方のようですが、
16歳から商売の道に入り、
正式な教育という教育はまったく受けておらず、
ただ、元来の読書好きが高じて、
暇さえあれば本を読み、
外国語を自力で習得したことが
彼の行動力に知力を加えることになったようです。


本を読む楽しみさえ知っていれば、
また、本を読むことを習慣にしていれば、
極端な話、高等教育を受けなくても、
かなりの部分まで補えることを裏付けるエピソードではないでしょうか。


本を読むこと、教育の重要性を知っているハリスは、
ニューヨークの教育委員会の委員長として、
貧しい子弟にも無料で通える学校制度を整えました。

小さいころ、
寝る前に根気よく本を読んだり、創作のお話を聞かせてくれた父、
わたしが本好きになった背景には、
本や新聞をいつも読む両親や祖父の背中を見て育ったことが大きいに違いありません。

そしてそのことに今もとても感謝しています。

そんなわけで、私も、
子供を本好きにするために、
かなり力をいれてきたといえるかもしれません。

といっても、他のことでは、
アメリカ人の友人に、
「日本人って教育ママとして有名なのに、
あなたはかなりリラックスしているわね」
と、褒められる(?)ほど、「ゆるい」手抜きお母さんです。


もうすぐ12歳になる娘とは、そろそろ同じ本を読み、
感動を分かち合い、
母娘の絆を築くきっかけになればいいなぁと思い、
同じ本の回し読みを始めました。


ほら、難しい反抗期にさしかかっている娘をもつ母としては、
あの年齢のオツムの中がどうなっているのか、
のぞき見るきっかけになるかなぁ~という願いもこめているのです。



ちなみに、最近二人で感動した(硬い)本は、

Three Cups of Tea: One Man's Mission to Promote Peace -- One School at a Time

Greg Mortenson / Penguin USA (P)


世界でもっとも高い山が6つもあるパキスタンのへき地、地震で壊滅的なダメージを受けた村に、学校を建てるプロジェクトを手掛ける主人公である著者。この本を読めば、だれもがパキスタンの山奥に暮らす人々を好きにならないはずはないし、著者の行動に感動しないはずはありません。
ましてや、多感な思春期にこの本を読むことで、「世界を変える手助けをしたい」と決意し、第一歩目を踏み出すきっかけになるのでは・・・・。





Infidel

Ayaan Hirsi Ali / Free Press


イスラム教が根強く支配するソマリアでの著者の想像を絶する悲しい体験の数々、それを絶ちきり、アラビアへ、ヨーロッパへと移り住む著者の強さが美しい文章で綴られています。
最初は、11歳の子供にはちょっと刺激が強すぎるし、政治的な背景は理解できないのではと思ったのですが、友人に勧められて読み始め感動した娘が、ぜひ読んでみてというのでわたしも読み始めました。



どちらも、周囲にはモノが溢れ、毎日学校に行くことが当然のことである平和な国で暮らしていては決して知ることのできない世界を書いた本。この本が彼女に与えたインパクトはかなり大きかったようです。



二人で読むのはもちろん、硬い本ばかりではありません。
Twilightなど、ティーンが夢中になっている本や、
ティーンの雑誌などもとりあえず目を通します。

12歳のお誕生日には、
雑誌「Seventeen」を購読したいといわれ、
ちょっと早いような気もしたのですが、
Noといっても友人たちから借りて読むだけだということが見えているので・笑
OKしました。

本を通じて、娘と「会話」できる関係を保てたらいいなぁと思っています。
[PR]
by rumicommon | 2009-04-07 23:37 | 日常・一期一会 | Comments(0)


20年+住んで見えてきたNYの常識=日本の非常識やニューヨーカーから見た日本人のすばらしさや不思議なことなどをご紹介します。


by rumicommon

プロフィールを見る

カテゴリ

女目線で応援するいい男」
NY女子力UPルールズ
NY1%未満の時事
日常・一期一会
セレブの住まい
 ージャクリーン・ケネディ
 ージョンF・ケネディJr.
 ールパード・マードック
 ーSATCのMr.Big
 ー蒋介石夫人
 ーNY1のパワーアドレス
NY流女の生き方
 ーブルック・アスター
 ージャンニ・ベルサーチ
 ー100年前のマンハッタン
 ー伝説のダコタハウス
 ーバーブラ・ストライザンド
 ーマドンナ
 ーニクソン元大統領
 ーサラ・ジェシカ・パーカー
非日常への旅立ち
 ー箱根
 ー京都
 ーウィスラー
 ープラハ
 ーフランス ドルドーニュ
 ーハンプトン
 ーコート・ダジュール
 ーサウスビーチ
 ーベニス
 ーグランドキャニオン
 ータイ
 ー京都
NY1%未満のマネー術
NYここだけ内緒のお話
メディア掲載記事
VOGUE寄稿記事
プロフィール
目からウロコHealth&Beauty
NY1%未満の子育て

お気に入りブログ

It's a Small...
ケチケチ贅沢日記
こえだニューヨーク
madameHのバラ色の人生
keiko's pari...
やわらかい陽ざしのなかで

ライフログ


ニューヨーク発・幸せになれる体質作り―Giving上流の極意


Debrett's New Guide to Etiquette and Modern Manners: The Indispensable Handbook


The 48 Laws of Power


NY発 世界基準の女の心得

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
ファッション