カテゴリ: ー100年前のマンハッタン( 2 )

永井荷風が暮らした百年前のマンハッタン・2

今回は、前回に引き続き、永井荷風が百年前に書いた「あめりか物語」の「長髪」に登場する資産ある伯爵家の長子、藤ケ埼国雄がニューヨークで住んでいたビルを突き止めてみたい。
 
国雄は、在籍していたコロンビア大学にも来なくなってしまった。小説中の「私」は、国雄を案じてという気持ちもあろうが、大方は好奇心からであろう、前の大家から聞いた新しい住所を尋ねてみることにする。

公園西町○○番地、セントラルパークに面した十階建てのアパートメント・ハウスビルだ。
ビルには、紫色の制服に金釦を輝かした黒人の門番がおり、八階の目当ての部屋へ「私」は昇降機に乗って行ったと書いてある。

しかもそれは大きな建物で、外界の音は一切遮られ、廊下の空気は大伽藍の内部のように冷ややかに沈静している。 

押した鈴の音は遠く部屋の彼方で響くのが分かり、取次の人が出てくるにも時間がかかるという描写からその家の天井は高く、部屋はかなりの広さであることが想像できる。

まずはその家の主である婦人が登場する。
年の頃はもう二十七,八、ブロンドの髪の毛を今にも肩の上で崩れ落ちるかというように束ねた、睫の長いぱっちりした碧の目をした女性で、国雄より年上、裕福な夫から不品行の角で離婚され、ニューヨーク社交界からははみ出しものになっている。

国雄はその女性の家に住みつき、刹那的な恋愛の相手としていわば玩具のように扱われていると「私」の目には映る。

荷風がニューヨークに滞在したのは一九〇二年から四年間。
つまりその頃既に存在していたセントラルパーク・ウエストのビルで、一九〇〇年以前に建てられ十階建の大きな建物を集中して探せばよい。

現存するビルでは、コロンバスサークルから九六丁目までの間に一つだけ条件に該当するビルがある。

一八八二年に建てられたダコタ・ハウスだ。

e0136254_638879.jpg

1880年代に建てられたダコタハウス。建築家はのちに建てられるプラザホテルと同じ。

昇降機(エレベーター)もあるし、ドアマンというより門番といったほうがふさわしい人が常駐している。
e0136254_6384016.jpg


建物は中庭をはさんでいくつかの棟に分かれ、ビルの廊下は天井が高く古めかしく、まさに大伽藍の中にいるような錯覚に陥る。

アパート内部も天井の高さは一三フィートでまさに音が響く。

もちろん、国雄は既に取り壊されたビルに住んでいた可能性もある。

けれど、一九世紀に建てられた上流階級が暮らしていたビルといえば、ダコタ以外考えられないのではないかと思う。
 

ダコタハウスについては、次回に続きます。


emoticon-0171-star.gifこの記事は、昨年週刊NY生活の連載「NYビルディング万華鏡」に連載されたものに一部手を加えたものです。
[PR]
by rumicommon | 2008-10-08 06:38 |  ー100年前のマンハッタン

永井荷風の暮らした100年前のマンハッタン

時々、百年前のマンハッタンは一体どんな感じだったのだろうと空想のタイムマシーンに乗ってみることがある。

e0136254_2351596.jpg

1887年に建てられた直後のダコタハウス。セントラルパーク内スケートリンクごしに臨む。

e0136254_23464052.jpg

1800年代半ばに規格整理されたマンハッタン。


そんな時私は、永井荷風の「あめりか物語」をひも解く。

あめりか物語 (岩波文庫)
永井 荷風 / / 岩波書店
ISBN : 4003104269
スコア選択:


荷風が5年間にわたるアメリカ・フランス滞在を終えて帰国した1908年に出版した、米国滞在を記した宝石のように美しい散文集だ。

マンハッタンには実は、世界恐慌前(日本の大正時代)に建てられたビルが予想外に多い。
けれど百年前となると、さすがに生活の場は23丁目より南が中心で、アップタウンでは、1907年に建てられたプラザ・ホテルなど、現在もその形をとどめているビルは数えるほどだ。

当時マンハッタンに滞在していた邦人も一握りで、荷風がその一人について書いた「長髪」はとりわけ秀逸だと思う。

荷風が、第五大通り(五番街)から中央公園(セントラルパーク)の並木道を歩むと、四つの車輪と駆者の衣服から帽子までを濃い藍色にした一輪の車が青々とした木陰を縫って進んで来る。

その華美な藍色が、晴れた春の青空と、明るい新緑の色に調和して、まことによく人の目を惹くので、近づくのを待ち、この主こそはいかなる人かと眺めると、帽子を飾る駝鳥の毛をば同じ藍色に染め、それに釣り合う華美な衣装―しかし年はさほどに若からぬ一婦人で、その傍らに相乗りしたのは、いずこの国民とも知れず、真っ黒な頭髪を、さながら十八世紀の人の如く肩まで垂らし、短い赤い口髭にリボン付きの鼻眼鏡をかけた若紳士。

それが、資産ある伯爵家の長子、藤ヶ埼国雄だった。
コロンビア大学に入学したものの、教場に出るのはほんの義理一遍、春はピクニックや乗馬、冬は舞踏や氷滑り、(中略)もしくは木陰の青芝の上に身を安楽に横たえ、葉巻の煙をゆったりと燻らしながら、何をなすともなく悠然と空行く雲を眺めているという。

そして荷風は、そんな国雄を、世の中にはこんな怠惰な人間があろうかと思う。
やがて、国雄は学校には来なくなってしまい、荷風は散歩がてら彼が住む家を訪問する。

ここからが1905年ごろの高級アパートメントの描写に続き大変に興味深い。

次回は国雄の住むそのビルはどこだったのかを、突き止めてみたい。 


                   ー続くー


emoticon-0171-star.gifこの記事は、昨年週刊NY生活の連載「NYビルディング万華鏡」に連載されたものに一部手を加えたものです。
[PR]
by rumicommon | 2008-09-08 23:53 |  ー100年前のマンハッタン


20年+住んで見えてきたNYの常識=日本の非常識やニューヨーカーから見た日本人のすばらしさや不思議なことなどをご紹介します。


by rumicommon

プロフィールを見る

カテゴリ

女目線で応援するいい男」
NY女子力UPルールズ
NY1%未満の時事
日常・一期一会
セレブの住まい
 ージャクリーン・ケネディ
 ージョンF・ケネディJr.
 ールパード・マードック
 ーSATCのMr.Big
 ー蒋介石夫人
 ーNY1のパワーアドレス
NY流女の生き方
 ーブルック・アスター
 ージャンニ・ベルサーチ
 ー100年前のマンハッタン
 ー伝説のダコタハウス
 ーバーブラ・ストライザンド
 ーマドンナ
 ーニクソン元大統領
 ーサラ・ジェシカ・パーカー
非日常への旅立ち
 ー箱根
 ー京都
 ーウィスラー
 ープラハ
 ーフランス ドルドーニュ
 ーハンプトン
 ーコート・ダジュール
 ーサウスビーチ
 ーベニス
 ーグランドキャニオン
 ータイ
 ー京都
NY1%未満のマネー術
NYここだけ内緒のお話
メディア掲載記事
VOGUE寄稿記事
プロフィール
目からウロコHealth&Beauty
NY1%未満の子育て

お気に入りブログ

It's a Small...
ケチケチ贅沢日記
こえだニューヨーク
madameHのバラ色の人生
keiko's pari...
やわらかい陽ざしのなかで

ライフログ


ニューヨーク発・幸せになれる体質作り―Giving上流の極意


Debrett's New Guide to Etiquette and Modern Manners: The Indispensable Handbook


The 48 Laws of Power


NY発 世界基準の女の心得

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
ファッション