「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:日常・一期一会( 24 )

試してみる? NYだけの流行もの、日本だけの流行もの

みなさま、こんにちは。
コモンるみです。

今日は主にニューヨークだけで流行っているものと、反対に日本では流行っているけれどニューヨークではほとんど見かけないものをご紹介します。

まずはNYの局部的流行ものですが。
ミッドナイトブルーのネイルです。笑

かわいいもの、きれいなものがウケる日本的な感覚から考えるとちょっと怖いかな?

e0136254_0112922.jpg


e0136254_0121375.jpg



続いて日本の局部的流行ものとして
フェンディのピーカブーがあります。

e0136254_0145436.jpg


ニューヨークではセリーヌのバッグを持っている人10に対しピーカブー1という感じ。あまり見かけません。
遊び心いっぱいのモンスターは特に可愛いですね。

e0136254_0204373.gif


続いてダニエル・ウエリントンの時計。
これも日本やヨーロッパではインスタグラムや人気ブロガーの間で話題沸騰ですがニューヨークではまったく見かけません。

e0136254_0152260.jpg


というか、ニューヨークではティーンや20代を中心に時計というものをしない人が増えていて、ちょっと残念な気がします。



最後にニューヨークと東京両方のはやりものをミックスしてRish NY風にコーディネイトを考えてみました。

e0136254_0155579.jpg





インスタグラム >Rish NY Instagram
Rish NYの宣伝で始めたインスタグラム。
18才の娘とのティームでNYベースの日常を更新しています。
フォローくださる方のところにお邪魔するのが最近の楽しみです。
よろしければフォローくださいませ。



Rish NY/リッシュ・ニューヨークの新製品やそのコーディネイトはFacebookをチェックしてください
Rish NY Facebook  ⬅Click♡
[PR]
by rumicommon | 2016-01-28 00:22 | 日常・一期一会 | Comments(0)

NY感動のお弁当で考えさせられたこと

みなさまこんにちは。


今日も雲ひとつないお天気にめぐまれたニューヨーク
初冬を感じさせるキーンとはりつめた空気が気持ちいいです。


多分、ニューヨークにお住いの多くの方がご存知だと思うのですが
今日はニューヨークで作られている「お弁当」をご紹介させてください。


昨今は、多忙なニューヨーカーたちの間でもお値打ちで気軽に持ち帰って食べられる日本のお弁当が大人気です。


ミッドタウンの紀伊国屋さんの2階のカフェや、ニューヨーク共立図書館そばの「ZAIYA」さんはお昼時ともなるとお弁当を求める人でごった返します。


もし、お昼時にミッドタウンにいらっしゃる機会があれば、ぜひみなさんもどうぞ。



今日は中でもわたしが感動した「禅弁当」をご紹介させてください。


こちらがある日の「Zen Bento」です。


すごく心をこめて作られていることが伝わってきませんか?


はい、できたては本当に美味しいです。


しかも!


わたしがさらに感動したのはこのお弁当箱です。

e0136254_128593.jpg



よくご覧ください。一つ一つの小鉢を。。。。


が、実はこれ、実はプラスティックの使い捨てなんです。

e0136254_1271797.jpg


一つひとつの小鉢に見えるのは、とてもよく描かれたイルージョン
つまりプラスティックにペイントされているんです。


あまりにすばらしいアイディアなので
どうしても捨てられず、つい持ち帰って来てしまいました。



戦争でモノがない辛酸をなめた世代が
まだ元気に社会を仕切っている日本からくると
ニューヨークの、そのすべてを使い捨てにしてしまう勢いには
ほとほと驚かされます。



といいながら、
ふんだんにあふれるものをすべてキープするわけにもいかず
どんどん捨てられるものは捨ててしまう毎日。


そんな中でこのお弁当箱はわすれかけていた日本の美徳
「リサイクル」を思い出させてくれました。


「もったいない」
そう思いながらたくさんのものを捨てている毎日。


それでもまだまだ家の中には捨てられなくてたまり続けるものはたくさんあるんですけれどね。


でも近いうちにこのお弁当箱をもう一度活用して
わたし流禅弁当を作ってみようと思いました。


そしていつか、ぜひこのお弁当を作ってらっしゃる方にお会いしてみたいと思いました^^


少しずつ寒くなってきたニューヨークですがみなさんがお住いのところはいかがですか?


エボラ熱でベルビュー病院に入院されていた35歳のドクターも完治し
無事退院されました。



みなさんもどうぞよい週末を♪









****************************************


Rish NY/リッシュ・ニューヨークからSHOP NOW
旬顔ニットは質感が勝負!
体の大半をしめる洋服部分。
だからこそ服の質感はあなたの「質」も決めてしまいます。
安っぽい素材を身につけると見るからに安っぽい感じに仕上がってしまいますので注意してください。

Rishではプチプラでも質感が上質なニットをご用意しました。
大きなサイズも各セーターご用意しています^^
http://www.rishny.com/SHOP/list.php?Search=Rish%20NY%20Favorites
e0136254_1294198.jpg

[PR]
by rumicommon | 2014-11-16 12:11 | 日常・一期一会 | Comments(0)

セントラルパークで夕食を

ニューヨークはわたしの好きな季節に突入です。

昨晩は、夫のかけ声で家族そろってセントラルパークでピクニック・ディナーを楽しみました。

普段はお友達とおでかけしてしまう娘も、お友達とのお約束を断って時間を作ってくれました。

e0136254_13284115.jpg


実は10年前の今頃、ニュ=ヨークは数日に及ぶ大停電にみまわれていたのをご存知ですか?


もう10年も経ったの? という感じです。
10年前停電の夜、我が家では、ピクニックバスケットをもってセントラルパークに出かけました。

日がとっぷりと暮れ始めると、街は闇に沈みます。
深く果てしない藍の色。
どこまで行っても漆黒、そんなニューヨークは初めて見ました。


ところが、アップタウンではただ一カ所、メトロポリタン美術館の前に来ると煌煌と灯りがついていました。
自家発電機を所有しているのですね。


エジプトの神殿の間がガラスごしに見える芝生にバスケットを広げささやかな夕食としました。


当時6歳だった娘は、今でその「停電」は最高に楽しかった思い出として記憶しているようです。

「非日常の時間」って、日常に飽き飽きしたときのいい刺激剤ですよね♡


昨夜は、バブルティがどこより美味なキッチンMでテイクアウト。

e0136254_13192457.jpg



Kitchen M
1375 Madison Ave
(between 96th St & 95th St)
New York, NY 10128
(212) 369-7600
kitchm.com


emoticon-0155-flower.gifRish NYから来週の新商品発売のお知らせ

www.Rishny.com

e0136254_13213455.jpg

「裏窓」でグレース・ケリーが着た、または「ローマの休日」でオードリー・ヘプバーンが着た服を彷彿とさせるレスリー・エバーズのワンピースが入荷します。
地厚、ややストレッチで光沢のある極上コットン素材、ひじは隠れる丈です。



e0136254_13221634.jpg

季節のはざまにはジャケットやカーディガン、ラッフルショールなどで合わせやすいワンピを。
写真左/ボーダーの魔法でウエストをきゅっと細く魅せてくれるワンピ。下半身に自信ない方も。肩はきれいなフレンチスリーブ。
写真右/オーガンジーの重ね具合が動くたびにひらっひらっと揺れて彼、くらっくらっとするかも。デコルテの開きが絶妙。このブランドが得意の包むような補正ラインは万能。
[PR]
by rumicommon | 2013-08-17 13:25 | 日常・一期一会 | Comments(0)

ウエディングドレス・ランウェイin NY

みなさま、こんにちは。


ちょっと時間が経ってしまったのですが、ニューヨークを拠点にレッドカーペットドレスとウエディングドレスデザイナーとして活躍している吉岡順子さんのショーをご紹介します。


e0136254_12323518.jpg


クリエイティブな才能に恵まれた方とはいえ、必ず訪れるはずのスランプ。
それをどう乗り切るかが浮き沈みの激しいこの業界で生き残れるかにかかってきます。

e0136254_12331285.jpg


白い素材だけがしかもその勝負のすべてです。
ウエディングドレスって、そういう意味では、服作りのハードルは高いのかもしれませんね。

e0136254_12333190.jpg




e0136254_12335561.jpg



e0136254_12341795.jpg



e0136254_12345580.jpg



e0136254_12351393.jpg

ショーの最後に順子ちゃんが登場すると、なぜかいつも涙が出てきてしまいます。

今回は特に、お嬢さんが会場にいらしたことを知り、感動もひとしお。

順子ちゃん、すばらしかったです。
ありがとうございました。
[PR]
by rumicommon | 2011-11-23 12:40 | 日常・一期一会 | Comments(0)

ニューヨークドカ雪&かみなり注意報

一夜、クリスマスが明けてみたら、
ニューヨークは、こんこんと雪が降り続き、
すでにパークアベニューも真っ白でした。


まさに、吹雪といっていいすごいふり方、
テレビでも車の運転は控えるように、と警告を発していますが、
雪の日の車の運転なら慣れているし、
四駆を駆って山に行ったりもしていますので、
ダウンタウンまで、予定通り、娘のスキーウエアを買いに行ってまいりました。



e0136254_11192235.jpg

ニューヨークで、タイヤにチェーンを巻いていいのはバスだけ。それでもニューヨーカーは、雪の日の運転に慣れています。が、さすがに今日、ハイウェイをすごい勢いで飛ばしている車はいませんでした。










e0136254_11191077.jpg

FDRを走っている車は見かけましたが、タクシーは4WDだけ。こんな日は商売あがったりでしょうね。









e0136254_11214812.jpg

ユニオンスクエア周辺を歩いている人はほとんどいません。が、スポーツ用品店の中は、すごい混雑していました。みんな突然、帽子とか、ソリとかを買いに来たのかしら^^










e0136254_1232852.jpg

雪の日の「非日常感」っていいですよね。
見慣れたはずの街が、違って見える。すると、普段見慣れたはずのBarなども違って見え、ちょっと足を踏み入れてみようかな、なんて。こうしてロマンスが街中で生まれている気がするんだけど。










e0136254_11222669.jpg

パークアベニューがグランドセントラルを迂回するところ。コーネリア・ヴァンダービルドさんの銅像もなんだか寒そう。ワイパーの合間も、ウィンドウはすぐに真っ白に。





しかも夕方からは、すごいカミナリも。

ぴかっ、ごろごろっ!


吹雪と稲妻のコンビネーションって、ちょっと珍しい。
一体どうなってしまったんでしょ。



明日もこのまま吹雪が続くそうです。



スキーにいらっしゃるみなさま、
くれぐれも運転にはご注意を!


emoticon-0159-music.gifいつもお越しくださりありがとうございます。
こちら参加しております。にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへぽちっとしていただけますと大変に励みになります。




emoticon-0159-music.gifまた、よろしければ、こちらも合わせてご覧くださいませ。

だれも書かない★ニューヨーク1%未満★
[PR]
by rumicommon | 2010-12-27 11:36 | 日常・一期一会 | Comments(0)

バーニーズのウィンドウ

今年のバーニーズのウィンドウは、「食」をテーマに、
ジョークでまとめております。

e0136254_1285432.jpg

美を耽美的に追求する路線では、過去10年以上バーグドルフグッドマンのディレクターとして、大活躍しているギョーカイのトップ、リンダに勝ち目はないということで、こういう路線に落ち着いたのでしょうか。


e0136254_1292195.jpg




今年ほど、テレビなどで、スターシェフがもてはやされ、騒がれ、
多くの人がグルメを自称し、にわかレストラン評論家に早変わりした年もないかもしれません。




e0136254_1293614.jpg




不況とはいえ、一流のレストランほど、いつも満席。
なかなか予約がとれない状況でした。





e0136254_1295720.jpg



201年もあと数日。
みなさまもどうぞよいお年をお迎えくださいませ。
[PR]
by rumicommon | 2010-12-25 12:06 | 日常・一期一会 | Comments(0)

レッドカーペット・ドレス2011年春夏by Junko Yoshioka

e0136254_8311738.jpg

ニューヨークはファッションウィークです。

ニューヨークといえば、ウォールストリート、金融の街というイメージですが、
実は、七番街に集中するファッション地区を中心として、
ファッション産業もかなり重要産業のひとつです。


昨晩、ウエディングドレス・デザイナーとして、
ニューヨークを拠点に世界的に活躍する、
吉岡順子さんの2011春夏コレクションの発表会が開催されました。


ニューヨークで親しくさせていただいている関係で、
これ以降、順子ちゃんと書かせていただきますことをご了承くださいませ。
 

順子ちゃんは、テレビの情熱大陸にも登場したりしているので、
ご存じの方は多いかもしれません。


ニューヨークでは、SOHOにアトリエを構え、
NYのみならず、ハリウッドにも常連客を抱える、
押しも押されぬ一流デザイナーです。



ショーの会場は、SOHOのはしっくれ、トライベッカのとば口にオープンしたばかりのホテル、
トランプ・SOHOの最上階。


あいにくの雨で始まったショーでしたが、
最終的には、夜景が美しく映える中、
女と生まれたからには、見るだけで垂涎のショーが開催されました。

一部、みなさまとも感動をシェアさせてくださいませ。
(お天気が悪く、三脚を持参するのはくじけました。クオリティより雰囲気でご覧くださいませ・汗)

e0136254_8321629.jpg

アクセサリーは、トランプの娘さん、Ivankaがデザインするもの。


e0136254_8324037.jpg

ガラス窓が、雨に煙る高層階のステージは、なんともシュールでした。


e0136254_8332194.jpg

どれももちろん、オートクチュール。刺繍なども最高の技術をもつお針子さんの手によって仕上げられます。


e0136254_834956.jpg

ニューヨークに住んでいても、フルレングスのドレスを着る機会はそうあるものでもありませんが、ほしくなりましたよ~。


順子ちゃん、夏の間、どんなに大変な毎日を過ごされたことでしょう。

本当にお疲れ様でした。


どれも、めちゃくちゃきれいでした~!
ご招待くださり本当にうれしかったです。


お問い合わせ先;

Junko Yoshioka
580 Broadway
Suite 210
New York, NY 10012
電話(212)206-9302



emoticon-0159-music.gif参加してみました。にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへぽちっとよろしくお願いします^^ 励みになります。



emoticon-0159-music.gifまた、よろしければ、こちらも合わせてご覧くださいませ。

だれも書かない★ニューヨーク1%未満★
[PR]
by rumicommon | 2010-10-14 08:45 | 日常・一期一会 | Comments(0)

メトロポリタン美術館 必見Big Bambu

e0136254_9591924.jpg

メトロポリタン美術館の屋上に、
4月、突如出現した、
竹やぶ、というか竹を使った「芸術」
それが、Big Bambuです。
10月いっぱいで展示はおしまい。
灯台もと暗しとはこのこと、
歩いてすぐのところにあるというのに、
見逃しては大変ということで、行ってまいりました。
e0136254_1001546.jpg


1日に数回だけ少人数ツアーがあり、
そのチケットを手にいれると、竹のオブジェの上に登ることが可能。



このアートを完成させるまでのいきさつは、

Doug + Mike Starn on the Roof: Big Bambú  ← 写真で堪能できます。


e0136254_1032239.jpg

竹ごしに、セントラルパーク・ウエストの秀麗な「べレスフォード」を臨む。


メトロポリタン美術館の屋上は、知る人ぞ知る場所。


とりわけ、セントラルパークごしにミッドタウンを臨む景色は最高です。

e0136254_106119.jpg







emoticon-0159-music.gifいつもお越しくださりありがとうございます。
こちら参加してみました。にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへぽちっとよろしくお願いします^^ 励みになります。
[PR]
by rumicommon | 2010-10-05 10:06 | 日常・一期一会 | Comments(0)

観光気分でチェルシー再発見

かつて、商業用の鉄道のレールとして使われていたところを、
ブルムバーグ市長のクリエイティブなアイディアと、
民間の太っ腹な寄付に支えられて、
公園として再開発されたのが、「ハイライン」


場所は、ほんの10年前までは、
フッカーたちが道に立ってお商売をしていたチェルシーの西の端っくれ界隈。

今日ご紹介する写真は、すべてiphoneにて撮影しています。

e0136254_10371192.jpg

今や、有名ギャラリーや高級コンドミニアムが軒を並べるクールな場所です。



ある週末、観光客気分で、家族でチェルシーピアに行き、
まずはバッティングセンターで、バッティングを楽しみ、
それから、ハイラインをお散歩してみました。


e0136254_10374710.jpg

高架になっているこの上が公園として一般に公開されています。






e0136254_1038871.jpg

チェルシーでは、駐車場の看板でさえが、「アート」しているように見えるから不思議。






e0136254_10383243.jpg

まだまだ、いわるゆ倉庫街だったころの名残がしっかり残るオーセンティックな雰囲気、好きです。





e0136254_1039576.jpg

最後は、チェルシーマーケットで食べ歩きや試食を楽しみ、お買いものをして帰ります。
なんと! アッパーイーストのスーパーの半額以下で、とっても新鮮なお野菜などが買え、
感激して帰宅しました。






emoticon-0159-music.gif参加してみました。にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへぽちっとよろしくお願いします^^ 励みになります。



emoticon-0159-music.gifまた、よろしければ、こちらも合わせてご覧くださいませ。

だれも書かない★ニューヨーク1%未満★
[PR]
by rumicommon | 2010-09-20 08:11 | 日常・一期一会 | Comments(0)

Fashion Night Out in NY

e0136254_501015.jpg

昨年、VOGUEの編集長、アナ・ウィンターのお声掛けで始まった、
ファッション・ナイト・アウト。
日本でも大盛況だったとか。


ここおひざ元のニューヨークでも、昨年を上回る大盛況。
小さなデジカメをもって、娘と行ってまいりました。


街中にきれいに着飾った人たちがあふれ、なんだか、昔、クラブ通いをしていたころを思い出しました^^。


e0136254_4585337.jpg

バーニーズ。アナ・ウィンターの人形が出迎えてくれます。超よくできている。
店の前には、何台ものリモが並び、白いフェラーリの前では、シークレットサービスらしき人が見張っておりました。


2年目にあたる今年は、世界16カ国で同時多発。


マンハッタンも、
まるで大みそかの晩じゃないかと勘違いしてしまうお祭り騒ぎでした。


e0136254_52053.jpg

こちらは、ベルサーチェ。2階にはDJブースを仮設。


普段は敷居の高い五番街やマディソン街のブティックも、
著名なゲストやアーチストを招き、
入口にはカーペットを敷き、
シークレットサービスがあふれて、
なにやら華やかな雰囲気。


高級ブティックの多くは、
DJをセンターに据えて、まるでクラブのノリに早変わり。

e0136254_504957.jpg

フェンディの店内。ノリのいい音楽で盛り上がっていました。



バーグドルフ・グッドマンのショーウィンドウには、
生のモデルさんが中に入り、いろいろなショーを繰り広げていました。

e0136254_541845.jpg



まるで、旬のクラブみたいに混み合っていて、一時バーグドルフへの入場は1時間待ちという状態でした。

e0136254_5174768.jpg

ミッシェル・オバマの大統領就任式のドレスを担当したことで有名になったジェイソン・ウー。




e0136254_55551.jpg

ヘンリー・ベンデルでは、今注目の化粧品ブランド、Jouerの創設者、クリスティーナが直々に商品の説明をしていました。
そして、きれいなリップグロスをプレゼントしていただき、娘は大喜び。


e0136254_510247.jpg

カルバン・クラインは足の踏み場もないにぎわいでした。


e0136254_511136.jpg

ワイン片手に店内をあつきまわる人でいっぱい。


e0136254_5123010.jpg

さて、この晩のわたしのひそかなミッションは、娘が嫌いなワンピースを何とかいっしょに買うことでした。


しかも本人が気に入らないことには、
買ったはいいけど、一度も手を通してもらえないということになってしまいます。


それだけは絶対に避けたい。


でもジーンズしか持ってない娘にワンピースは、必要。
学校の最終日にも着る必要があります。


ということで、先日下見に行ったDKNYに連れて行き、
ひそかにスカウトしたベンジャミンくんに、娘のお相手を任せることにしました。



は~、よかった~。
控え目でやさしいけど、センスは抜群の彼に任せた作戦は大成功でした!


彼が見つくろってくれた服の中に、お気に入りのものを見つけた娘。
試着してみたら、これがぴったり!


e0136254_5163812.jpg

おまけで、こんな可愛いカップをいただきました。

やっぱり、お買いものは楽しんでしないとダメですね。



そして、この晩のハイライトはこちらでした!

e0136254_5194842.jpg

あのバービー人形のボーイフレンド、ケンに扮したモデルたちがバンの中に入って、愛そうをふりまいていました。


「究極の夢のデートのお相手」と称し、左から映画デート、サーフデート、ギャラリーデートの3人が魅力を競ってました。


ここで男子にまつわる初めてのガールズトーク、

「マミはだれがタイプ?」
と、娘。


「う~ん、真ん中の子かな~」
と、答えると、

「あの子、ダディが若いときみたい。わたしは、左の子がいいな~」
などと、盛り上がっている横で、女の子たちが、


「わたしの電話番号あげるわよ~、受け取って~~~っ!」
などとはやし立て、どっと周囲から笑いが。



6時からたっぷり楽しんで、帰宅は、11時。


生まれて初めての娘との夜の外出。

しかも、有名ブティックに実際に一緒に入るのは(当然ですが)初めてでした。

やっぱり女子DNAのなせる技でしょうか。母娘ともども、相当に楽しめました。


参加してみました。にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへぽちっとよろしくお願いします^^ 励みになります。



また、よろしければ、こちらも合わせてご覧くださいませ。

だれも書かない★ニューヨーク1%未満★
[PR]
by rumicommon | 2010-09-12 05:30 | 日常・一期一会 | Comments(0)


20年+住んで見えてきたNYの常識=日本の非常識やニューヨーカーから見た日本人のすばらしさや不思議なことなどをご紹介します。


by rumicommon

プロフィールを見る

カテゴリ

女目線で応援するいい男」
NY女子力UPルールズ
NY1%未満の時事
日常・一期一会
セレブの住まい
 ージャクリーン・ケネディ
 ージョンF・ケネディJr.
 ールパード・マードック
 ーSATCのMr.Big
 ー蒋介石夫人
 ーNY1のパワーアドレス
NY流女の生き方
 ーブルック・アスター
 ージャンニ・ベルサーチ
 ー100年前のマンハッタン
 ー伝説のダコタハウス
 ーバーブラ・ストライザンド
 ーマドンナ
 ーニクソン元大統領
 ーサラ・ジェシカ・パーカー
非日常への旅立ち
 ー箱根
 ー京都
 ーウィスラー
 ープラハ
 ーフランス ドルドーニュ
 ーハンプトン
 ーコート・ダジュール
 ーサウスビーチ
 ーベニス
 ーグランドキャニオン
 ータイ
 ー京都
NY1%未満のマネー術
NYここだけ内緒のお話
メディア掲載記事
VOGUE寄稿記事
プロフィール
目からウロコHealth&Beauty
NY1%未満の子育て

お気に入りブログ

It's a Small...
ケチケチ贅沢日記
こえだニューヨーク
keiko's pari...
やわらかい陽ざしのなかで

ライフログ


ニューヨーク発・幸せになれる体質作り―Giving上流の極意


Debrett's New Guide to Etiquette and Modern Manners: The Indispensable Handbook


The 48 Laws of Power


NY発 世界基準の女の心得

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
ファッション