カテゴリ:メディア掲載記事( 2 )

メディア掲載記事(FM軽井沢)-グレース・ケリー結婚にまつわるだれも書かない秘話

こちらはFM軽井沢が発行している季刊誌に掲載された記事に手を加えたものです。

e0136254_991634.jpg



 女性が女性らしく優雅でいられた古き良き50年代。
 それは、白いキッドの手袋と帽子が、淑女の外出時の必需品だった時代です。
 当時、ハリウッド女優たちの中でもひと際、硬質の美貌とにじみ出る気品で異彩を放っていたのがグレース・ケリーです。
 
 1955年には映画「喝采」でアカデミー主演女優賞を受賞、女優としての頂点を極めた翌年にモナコのレーニエ公と結婚。ヨーロッパの王室に嫁いだ現代のシンデレラとして世界中の注目を浴びました。
 


1929年、フィラデルフィアに、4人兄弟の二女として生を受けたグレース。父親は、ボートで2度も金メダルに輝いたオリンピックの選手でした。地元の名士でもあり、建築の事業でミリオネアになり、母は、フィラデルフィア大学女性初の体育学部長を務めました。 
 
 大変に裕福な家で何不自由なく育ったグレースですが、アイルランド系カソリックだったため、だれもが憧れる、フィラデルフィア上流階級(プロテスタント系)の社交界が主宰するデビュタント・パーティには招待されませんでした。後に親しい友人に、出席できなかったことがいかに悲しかったかをこっそり打ち明けたと言われています。
 

 高校卒業後、女優を志し、ニューヨークのアカデミー・オブ・ドラマティックアートに入学。演技を学びながら、英語を英国式の発音に矯正します。すぐにブロードウェイでデビュー、テレビ女優として人気を博し、映画にも出演するようになり、またたく間に有名になります。


 ニューヨークでは、64丁目とレキシントン街の、上流階級の若い女子専用、男子禁制のバルビゾン・ホテルを住まいにします。
 
 55年、女優として頂点を極めた頃、カンヌ映画祭に出席するために渡仏し、そこでモナコ大公のレーニエと運命の出会をします。


モナコは世界で二番目に小さい国ですが、グリマルディ王家は12世紀イタリアの聖職者に遡る由緒あるカソリックの家系です。一時はコートダジュール地方を中心に、現在のイタリアとフランスにまたがる領地を所有し栄華を誇ったこともありました。


が、第二次大戦後、財政状態は極端に悪化してしまいます。50年代には、とうとうカジノの利権を、ジャクリーン・ケネディの二度目の夫となったギリシャの海運王オナシスに握られ、国はまさに破産寸前といった深刻な状態に追い込まれます。



 グレースがレーニエ公と知り合ったのは、まさにそんなごたごたの最中だったのです。 
大株主であったオナシスは、モナコ再建のために、公国を中流階級向けの観光地として再開発することを提案します。しかもレーニエには客寄せに、マリリン・モンローと結婚することまでアドバイスしたと言います。(これは2年前取材でお会いしたオナシスの知人で、ヨーロッパ王室に詳しいタキ氏からの情報です)


 当時独身だったレーニエにとって、結婚は実は避けて通れない深刻な課題でした。
と、いうのは、遡ること1918年に定められたモナコ-フランス協定では、レーニエ公が世継ぎをもたない場合は、モナコはフランスに返還されると定めているからです。つまり、レーニエは国家存続のため相当に苦しい切羽詰まった状況におかれていたわけです。
 

 再建のため、マリリン・モンローはともかく、著名な女優と結婚するのはいいアイディアだとレーニエも思ったのでしょうか。結局、オナシスの提案にヒントを得て、モンローではないにしても、同じアメリカ女優で、気品高いグレース・ケリーを選び、王妃に迎えることになりました。
 こうして、20世紀最高のロマンスを手に入れ、一方では国の生き残りを賭けることになりました。しかしレーニエの目指したのは、中流向けの観光地ではなく、庶民の手が届かない上流が安全に遊べる国。
 一発逆転を目指した背水の陣は奇跡的な成功を遂げ、加えて神業のような離れ業でオナシスの手を引かせることにも成功します。


 グレースと出会ったレーニエ公は間髪いれずすぐに渡米。フィラデルフィアのケリー家を訪問し、3日後にはプロポーズ。ケリー家からは、グレースの持参金として2百万ドルを受け取る約束も取り付けたと言われています。

 グレースはレーニエにひと目惚れだったと周囲に語っていますが、レーニエは、実は算盤をはじいての結婚だったと言われるのは上記の理由によるのです。
 

 結婚式は、世界中が注目する現代のシンデレラ物語に相応しいものでした。
ウエディングドレスは、グレースが結婚前に契約していたMGMの衣装デザイナー、へレン・ローズが担当し、MGMからプレゼントされます。アンティークのレースをふんだんに使用した芸術品の名に相応しいドレスで、何十人のもお針子さんたちが数カ月かけて仕上げたものです。
 

 アメリカからモナコに嫁ぐグレースは船旅を選びます。ゆっくりと時間をかけて、女優から王妃へ移行する心の準備期間がほしかったのかもしれません。持参したトランクは88個以上だったそう。
 
 二日間かけて開催された結婚式には、ハリウッド関係者始め6百人が招待された盛大なものでした。
 
[PR]
by rumicommon | 2011-03-06 09:12 | メディア掲載記事 | Comments(0)

ソーシャライト、ティンズレー・モーティマーの夫

072.gif これは世界文化社「Grace」誌、2008年1月号に掲載されたコラムです。


e0136254_746454.jpg

今、アッパーイーストでは秘かに離婚の噂が流れるモーティマー。本当かしら。



 先日、日経新聞に「ソーシャライト」の解説が出ているのを見つけ、さすがに驚いた。


考えてみればその代表選手的なティンズレー・モーチマーは日本の会社サマンサ・タバサのデザイナーとして活躍しているのだから、注目されるのも当然かもしれない。


 ティンズレ―は32歳。バッグのデザイン以外にも化粧品ディオールのために顔を売る必要があり、様々なチャリティの寄付金集めもしているため、雑誌や新聞の社交欄への露出は半端ではない。シーズンともなると毎晩のように詰まってくるパーティの予定も優秀な出席率でこなしている。


e0136254_752867.jpg
うちの近所のアイリスネイルでマニキュアをしてもらっている普段着のティンズレー。



 ただ、雑誌に登場するのもパーティに出かけるのも決まって女友だちといっしょ。自然と世間の関心は、いつも不在のミスター・モーティマーに集まる。これだけ妻がマスコミのスポットライトを浴び、外出が多くて、夫としてどういうスタンスでいるのだろうかと。


 先日、その好奇心を満足する記事がニューヨークタイムズに紹介された。夫、トッパーが取材に応じたのだ。


e0136254_7532995.jpg
只今別居中、離婚も時間の問題といううわさ。そんなの悲しい~。仲直りして~(とは個人的見解)。


 モーティマーと言えばアメリカ人なら知らない人はいない屈指の名家。初代の連邦最高裁判所長官でアメリカ建国の父としても有名なジョン・ジェイに遡り、トッパーの會祖父ヘンリー・モーガン・ティルフォードはスタンフォード石油の社長だった。


 一方、ティンズレ―は、そこそこ裕福なおうち出身ではあっても、日本流にいうなら地方の小さな町出身、二人はボーディングスクール(全寮制の高校)時代に知り合った。


 普通、オールドマネーの名家ほどマスコミの露出は避ける傾向にある。トッパ―もその例外ではないようで、言葉を濁しながらも、妻ティンズレ―の「社交」「マスコミへの露出」は度を超えていると認めている。


 チャリティや社会貢献は、マスコミが名前入りで紹介してくれなくてもすべきだし、妻がここまでマスコミに登場すると、観客に常に見られて生活をしているような居心地の悪さを感じると。
 


でも、そう言いながらも最後には、
「僕と多少考えは違っても、僕のいうことに今は真剣に耳を傾けてくれなくても、彼女のことを愛していることに変わりはない」と、言いながら、彼女を抱きよせてキスをし、また、自分の母と妻がうまくやっていることを強調することも忘れなかった。



 これを読みながら、わたしはなんだかとても温かい気持ちになった。

 そして余計なお世話かもしれないけど、「ああこの子(ティンズレ―)はこの彼といっしょにいる限り、人生を上滑しておしまいにすることはないんじゃないか」と思った。

 近い将来、ソーシャライトごっこにも飽きて、本気でフィランソロピストを目指す日が来るのではないか。そんな可能性を感じてうれしかった。

 

[PR]
by rumicommon | 2009-01-28 07:56 | メディア掲載記事 | Comments(0)


20年+住んで見えてきたNYの常識=日本の非常識やニューヨーカーから見た日本人のすばらしさや不思議なことなどをご紹介します。


by rumicommon

プロフィールを見る

カテゴリ

女目線で応援するいい男」
NY女子力UPルールズ
NY1%未満の時事
日常・一期一会
セレブの住まい
 ージャクリーン・ケネディ
 ージョンF・ケネディJr.
 ールパード・マードック
 ーSATCのMr.Big
 ー蒋介石夫人
 ーNY1のパワーアドレス
NY流女の生き方
 ーブルック・アスター
 ージャンニ・ベルサーチ
 ー100年前のマンハッタン
 ー伝説のダコタハウス
 ーバーブラ・ストライザンド
 ーマドンナ
 ーニクソン元大統領
 ーサラ・ジェシカ・パーカー
非日常への旅立ち
 ー箱根
 ー京都
 ーウィスラー
 ープラハ
 ーフランス ドルドーニュ
 ーハンプトン
 ーコート・ダジュール
 ーサウスビーチ
 ーベニス
 ーグランドキャニオン
 ータイ
 ー京都
NY1%未満のマネー術
NYここだけ内緒のお話
メディア掲載記事
VOGUE寄稿記事
プロフィール
目からウロコHealth&Beauty
NY1%未満の子育て

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
It's a Small...
ケチケチ贅沢日記
Venus World
こえだニューヨーク
日々の暮らしの中で
ひとりぼっちランチ
madameHのバラ色の人生
latte di luna
keiko's pari...
LIVING PHOTO
やわらかい陽ざしのなかで
My style

ライフログ


ニューヨーク発・幸せになれる体質作り―Giving上流の極意


Debrett's New Guide to Etiquette and Modern Manners: The Indispensable Handbook


The 48 Laws of Power


NY発 世界基準の女の心得

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
ファッション