<   2009年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

最上級ルブタンのルール

ニューヨークでもルブタンのヒールを履いている人、よく見かけます。

良くも悪くも、ソール部分が真紅という、あのパテントを取っている独特なデザインゆえ、シンプルな黒の靴でも、いえ、逆にシンプルな黒と真紅のコンビネーションだからこそ、目立たずにはいられない宿命、それがルブタンです。

だから、お見事! といいたくなるほど上手に履きこなしている人はなかなか見かけません。


e0136254_1165357.jpg

罪なことに、ずっと履いていると、返しの部分の赤が自分の目には見えないため、ついつい、単なる黒の靴だと勘違いしてしまうのかもしれません。


実は、下手をすれば悪目立ちもするほどのインパクトがあるのに・・・


そう、赤という色は良くも悪くも目立つ色。
個性の強い色です。
昔から、赤裸々、真赤なウソ、赤字、など強い意味あいの言葉に使われる色であることを考えれば納得かもしれませんね。


この靴に惹かれる人は、さすがにその強さを分かっているのでしょう。
ニューヨーク流の着こなしは、靴を主役に黒のルブタン、しかも全身も黒という人が多いようです。
しかも、ただの黒というだけでは役者が足りないかもしれません。


この靴に匹敵する黒は、見るからに違いが際立つ極上の素材、体を紙一重の空気感で包むようにフィットする立体的な裁断のシンプルなドレスの必要がありそうです。


あの20世紀の伝説のデザイナー、アズディン・アライアのニットドレスなどを着こなせる人にこそ似会う靴。

リボンやフリル、甘い要素を加点しては、がちゃがちゃと喧嘩になってしまうのです。

また生半可な普段着では格が違いすぎるでしょうし、逆に、ほんの少し色遣いやアクセサリーがうるさいだけで、悪い意味で「水っぽい」着こなしになってしまいます。



友人のご主人で、女性のファッションにかなり目利きのUさんがこうおっしゃったそうです。


シャネルやバレンティノは、かっちり着こなせば着こなすほど(高級な)水商売の人に相応しい着こなしになる。


つまり、服で加点し、加えてルブタンを履けばさらに加点。
あまりにぎちぎちで「抜け感」がないため、作り過ぎた感じが良くも悪くも水っぽい感じになるのでしょう。

(註・わたし個人は水っぽさにもいい水っぽさと悪い水っぽさがあると思っており、効果的な場所で取り入れるのは実は賛成です^^)

ですが、ルブタンを履くときは、アクセサリーはイヤリングだけ、
洋服で色は使わず、シルエットと素材で勝負する上質でシンプルな黒のワンピースかスーツにするのが万人向けの基本だと思います。


この際、間違ってもリボンは忘れましょう。
可愛いイメージは忘れ、大人のセクシーさを目指してください。


ルブタンって、普通に履いて歩くだけでも大変なのに、こんなにもややこしいルールがあるなんて。

そう、まさに選ばれた人にこそ相応しい「差別の靴」なのですね。


でも、こんなに大変でもやっぱり履いてみたい・・・・・

その際の合言葉は引き算です。


Good luck!!!!


追伸・

そうそう、身長が155cm以下の方は、9cmヒールは残念ですがあきらめたほうがいいかもしれません。
身長に対する9cmの比率が背の高い人に比べて大きいため、どうしても足元だけが目立って、無理が無残にさらされることになります。

別のコラムでも書いたように、男性も千差万別。
背の高い女性が好きな人も、小柄な女性が好きな人もいます。


だから、自分の身長なりのバランスを心がけるほうがうんときれいに見えると思います。


ヒールのルールズⅢ-フラットシューズ

e0136254_71911100.jpg


名だたるベストドレッサー級の有名人たちがファッションアドバイスを求める森岡弘氏、
昔からの知り合いという贔屓目はまったくなしで、
女子のファッションへの厳しくも優しい「愛のムチ」もこれまた参考になることばかり。

その森岡くんからの目からウロコのアドバイス、いよいよヒールのルールズ、大詰めです。


出来上がった男ー
つまり、10代、20代の「出来上がる」前に、それなりのやんちゃもし、
己の限界も試し、女にモテ、またフラれもし、
一方、母親には健全な愛情を変わらず示すことができ、
ウーマナイザーという意味ではなく、フェミニストとして女が好き。
そんな精神的にも出来上がった男が女性に求めていることとは・・・・・


それは、なんたって、セクシーであること、だと森岡くんは申します。


セクシーとは、セックスを想像させるという意味ではなく、
もっと精神的なもので、いい意味で自分たち男とは違う「女」を感じさせるということだと但し書きがつきます。


このセクシーさがあるからこそ、
意外な可愛い面をみつけて感動もできるのであり、
生意気なことをいっても、
鼻っ柱が強くても、
信じられないほど同性には嫌われていても、
ついつい、くらくら追っかけて行きたくなるということらしいです。


そして次に大切なのが、裏切りのルール


つまり、意外性があること、
常にいい意味のサプライズがあって、わくわくさせられること、
退屈なワンパターンではなく、変化があること。



このルールにのっとってヒールのルールズを考えると、
いくら高いヒールがセクシーだからといって、
いつもいつもハイヒールしか履かないと飽きてしまうということらしい。


なるほど。
大好物のお料理だって、そればっかり食べていたら飽きもくるし、違うものが食べたくなるもの。
それと同じで、手を変え品を換えないとダメってことなんですね。


だから時にはフラットシューズで登場し、がつんと驚かせることがあってもいいということらしい。


「たとえば」と、森岡くんは語ります。

ある晩、足元はピンハイヒールで決め、かなり改まった装いで、
キャンドルライトと夜景が映えるレストランでお食事をしたら、
次に会う日は、
たとえばドライブの約束をしたとし、
ジーンズなどのがらりと印象が違うカジュアルに、足元はフラットシューズだったりすると、
男は彼女のイメージの裏切りにかなりドキっとするのだそうです。




ともかく、カジュアルもドレスアップも、どちらもこなせないといけないということらしい。

ちびし~。


ハイヒールばっかりでもダメだけど、いつもいつもフラットばっかりではもっとだめ。
7cm~9cmの華奢なヒールも履きこなしてこそのフラット。
しかもこのフラットシューズって、考えようによってはある意味、ハイヒールより履きこなすのが難しい。


だからこそ、40代で、白のTシャツに細身のシガレットジーンズをコンバースで着こなせれば、これはもうノックアウトでしょ。

でも、むずかし~。


どうすればフラットシューズやスニーカーがカッコよく着こなせるのか。


コツは、バランスがどうとか、そういう小手先のテクニックもあるかもしれないけれど、もっとも肝心なことは、体に「スポーツ感」が身についていること。つまり、スポーツが身についていること。

少なくとも定期的にジムに通っていたり、できれば、大空の下、太陽の下で、テニス、スキー、水泳、マラソン、ローラーブレード、サイクリング、ヨットなどを楽しんでいる軌跡を体とメンタリティにかじられれば尚よし。

「身長とかあまり関係ないんだよね」と森岡くん。

男と一言でいっても千差万別で、背が高い女性が好きな人もいれば、小さな人が好きという人もいる。

ただ、フラットシューズをベースとしたカジュアルをこなれて着こなすには、この「スポーツ感」が身についていることが大事。

つまり全く筋肉がなさそうにガリガリだったり、反対にぷよぷよ過ぎないということ。


うん、これだったら頑張れると思いませんか?
ますその辺からいってみましょうか^^


次回は、最上級、ルブタンのピンヒールに挑戦する方のためのお約束などに触れたいと思います。
[PR]
by rumicommon | 2009-11-04 10:17 | NY女子力UPルールズ | Comments(0)

9cmヒールが履けない人の「ヒールのルールズ」

e0136254_434823.jpg
photo/Markusram


9cmヒールが履けない人、とはわたしのことです。
正確にいえば、9cmヒールを長時間履いて歩けない人といいかえたほうがいいかもしれません。

反対に義母は、つい最近までヒールの靴しか履いたことがない代表選手のような女性。

家の中でも靴を脱ぐという習慣がなく、ずっとヒールの靴を履いているし、
旅行好きな彼女は、エジプトを旅行した際も、ピラミッド見学にヒールの靴で行っちゃったという筋金入り。


10代は全寮制の女子高で過ごした彼女、
同じ学校出身者にジェーン・フォンダがいるらしいんだけど、
当時は、フェミニズムの波が全米に広がり、彼女も相当にその影響を受けた一人。


ヘッドミストレスが生徒たちの服装の乱れを嘆き(ジーンズやスニーカーが台頭した時代)、
「真珠のネックレスとハイヒールの靴は女子たるもの、かならず身につけなくてはいけないアイテムです」
と、おっしゃると、寮で、
「それではこれでいかがでございましょうか」と、
真珠のネックレスとハイヒールの靴だけで、つまりすっぽんぽん、他はなしで登場して先生をやりこめたとか。



あ、すみません、またしてわたしの得意技、話しがずれちゃいましたね^^;


とまぁ、義母といえば、ハイヒール抜きでは語れないイメージの人なんですが、さすがに長年の足への負担がたたって外反母趾が相当に進行してしまいました。


昨年、手術をし、それ以降は2,3cmのヒールの靴を履いてらっしゃいます。


そう、問題は、高いヒールは外反母趾を進行させるだけではありません。
歩き方が悪いと腰にも相当負担がかかりますし、足に合わない痛い靴を長く履いていると頭痛までしてくる経験をお持ちの方はわたしだけではないはず。


でも、だからといってヒールの靴を最初から諦めてしまうのも悔しくありませんか?


履き心地や歩き心地は最悪だけど、ヒールを履いた自分を鏡で見ればやっぱり、ちょっと魔法がかかっていると認めないわけにはいきません。

ヒールの高さの分、足が長く、すっと伸びて見えるんだもの。そういうありがたいオプションがある以上、いざというとき、このマジックを利用しないなんて勿体ないことです。


ではどうすればいいのか。


1. 履いている時間をできるだけ短縮すること。

昼間ずっと出かけていて、そのまま夕方から何かイベントがあって、歩きにくいヒールの靴に履き替える必要がある日は、会社に靴をもっていき、タクシーや車を使える時は履き換えて、公共の交通機関を使う必要があるときは、大きなバッグと小さなクラッチを用意し、大きいほうのバッグに目的の靴をつめて出かけました。


そして会場近くのレストルームなどで履き換え、大きいいほうのバッグはクロークなどに預けます。


この前、友人のかおりちゃんとランチをした時、ランチの後、レストランを出たかおりちゃん、さりげなく近くの公園のベンチで、大きなバッグの中からトリー・バーチのフラットを取り出し履き替えました。

「これから、子供たちを公園に連れていかなくてはいけないので」とにっこり。


そうか、彼女ほど、ヒールの靴が似合うイメージの女性でも、短期間勝負だから頑張れるのですね。納得です。


2. 同じ高さのヒールなら、後ストラップのサンダルタイプの靴を選ぶ。

サンダルタイプの靴はヒールの高さが同じでも、かかと部分に空きがあり固定されない分歩きやすいんです。ですので、わたしの9cmヒールはどれもストラップタイプです。
ドレッシーなストラップの靴なら夏だけではなく、冬でも大丈夫。

あ、ストラップの靴を履くときのすっごく大切なお約束。かかと部分が乾燥して白っぽくかさかさになっていないこと。これは、AHA系のモイスチャライザーをつければ比較的簡単に解決する問題です。

男子たちの目線ってかかとや、爪、髪の毛先など、体の特に先端に厳しくチェックはいっていることをお忘れなく。


いかがでしょうか。
短時間勝負ならできる気がしませんか?
後は、自分の足に合い、歩きやすいブランドを探すことが大切。
10代のころ、母から習った教訓、靴だけはいくら安くても足に合わないものは買わないこと。


次回こそ、ヒールの高い靴とフラットシューズの男目線に訴える着こなしルールをいくつかご紹介します。


いつもご訪問ありがとうございます!!

よろしければ、だれも書かない★ニューヨーク1%未満★も重ねてどうぞ~^^
[PR]
by rumicommon | 2009-11-01 04:43 | NY女子力UPルールズ | Comments(0)


ニューヨークから見える日本人や日本のすばらしさ、時に不思議に感じることなど


by rumicommon

プロフィールを見る

カテゴリ

女目線で応援するいい男」
NY女子力UPルールズ
NY流女の生き方
NY1%未満の時事
日常・一期一会
セレブの住まい
 ージャクリーン・ケネディ
 ージョンF・ケネディJr.
 ールパード・マードック
 ーSATCのMr.Big
 ー蒋介石夫人
 ーNY1のパワーアドレス
 ーブルック・アスター
 ージャンニ・ベルサーチ
 ーニクソン元大統領
 ー100年前のマンハッタン
 ー伝説のダコタハウス
 ーバーブラ・ストライザンド
 ーマドンナ
 ーサラ・ジェシカ・パーカー
非日常への旅立ち
 ー箱根
 ー京都
 ーウィスラー
 ープラハ
 ーフランス ドルドーニュ
 ーハンプトン
 ーコート・ダジュール
 ーサウスビーチ
 ーベニス
 ートスカーナ
 ーグランドキャニオン
 ーボストン・セーラム
 ータイ
 ー京都
NY1%未満のマネー術
NYここだけ内緒のお話
メディア掲載記事
VOGUE寄稿記事
プロフィール
目からウロコHealth&Beauty
NY1%未満の子育て

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
It's a Small...
ケチケチ贅沢日記
Venus World
Salon de Bij...
こえだニューヨーク
日々の暮らしの中で
ひとりぼっちランチ
madameHのバラ色の人生
latte di luna
keiko's pari...
LIVING PHOTO
やわらかい陽ざしのなかで
My style

ライフログ


ニューヨーク発・幸せになれる体質作り―Giving上流の極意


NY発 世界基準の女の心得

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
ファッション