<   2016年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

わたしは断捨離が苦手ですがいいこともありました^^

告白すると

わたしは断捨離がわりと苦手です。笑


最初は「断捨離」という意味すら分からず

検索した浦島花子です。


でもこんまりさんの本なども読んでいたので

「捨てる」ことが日本では旬であることは

理解していました。



が、断捨離が苦手なのは

アメリカ人、特にニューヨーカー

アッパーイーストの人たちも

同じみたいです。


古いものを大切にするのが大好き


歴史の古い国の日本人が新しい物好きで

歴史の新しいアメリカ人が古い物好き


なかなか面白い傾向です。


マンハッタンには

プレウォー(戦争前)と呼ばれる

1930年前に建てられたビルが多く

価値が高いのはそういう古いビル。


莫大なお金をかけて中を改装した

美術館のショーケースみたいな家も

たくさんあります。


よ〜く見ると

家具はアンティックや

家族に代々伝わるものを

修理を繰り返して使っているのです。


別荘や週末の家の地下や

住んでいるアパートのビルの地下に

(各家庭に充てられた倉庫があり)

そこにがらくたをいっぱい

「もったいないお化け」といっしょに

溜め込んでいるんですよね。


かくいう我が家も同じです。

うちにも「もったいないお化け」が住んでおり

よく戦っています。


こんなだから

「使ってないなら何でも捨てろ」

というわけではなく

「捨てる基準はときめくかどうか」

とこんまりさんが書かれ

それにニューヨーカーたちは救われたのです。


それでも簡単には捨てられないんですよね〜。ホント 笑


ところがこの捨てられない性分が

最近とても役に立ちました。


今日はわたし同様捨てることが苦手な人へ

こういううれしいサプライズも

あるということで。



「まみりんご(わたしの愛称)、このジャケットもらっていい?」

それは10年ほど前購入した

ラビットのファーを編んだ

カーディガンでした。


アンティックのボタンを買って

付け替えたお気に入りでした。


が、サイズが大きすぎ

お直しも難しいので

数回着て

クローゼットにしまっていました。


が、さすがにもう

着ることもないかなと

Good Willのドネーション袋に

入れたのです。


が、まだ迷いがあり早2年。笑

なかなかドネーションできずにいました。あせる


はい、わたしは断捨離がホントに下手です。


特に捨てた後どうなるかを

ドキュメンタリーで見てしまった後は

「捨てた」先のことを考えてしまうのです。

クリップ価格破壊=環境破壊&人間破壊


それでも昨年

娘が大学進学のため

家を出るとき

3袋ぐらい衣類を寄付しました。

それはもう断腸の思いです。


が、まだ3袋ぐらい

どうしても

手放せない袋があります。


ラビットのジャケットは

その袋に入っていたものなのです。


娘は身長はわたしより6cmほど高く

手足は長いものの

服と靴のサイズはほぼ同じ


大学生になった娘は

わたしが90年代に着ていた服に

興味津々です。


今、20代ぐらいまでの若い子たちの間で

90年代ファッションが流行なんだそうですね。

日本ではどうですか?



まさか、この期に及んでGood Will行きの袋から

サバイバル服子を見つけてくれるなんて。



e0136254_01465018.jpg


こちらの靴は多分20年ほど前に

夫が買ってくれたもの。


イブ・サンローランの

黒のグログランの靴ですが

プラットフォームと

かかと部分が琥珀色のべっ甲です。


あまり出番はなかったものの

夫からのプレゼントなので

ずっと大切にしていました。


今は娘のお気に入りで

パーティで大活躍です。


一度雪の日に履いたため

靴底が壊れてきていたのを

ていねいにお修理して履いています。


また、週末の家の

クローゼットで忘れられていた

Good Willドネーション漏れの

生成りコットンのサマーセーター。




e0136254_01454871.jpg



アウトレットで買ったカルバン・クラインのものです。

これも娘がとても気に入って

毎日のように着てくれてます。



これは夫に出会う前に買ったものです。あせる



「90年代に履いてたジーンズない?」

数々のサバイバル戦利品に気を良くし娘が聞いてきました。


今、股上が深く裾部分にゆとりがあるくるぶし丈の「マミージーンズ/かあちゃんジーンズ」が流行の兆しです。


すでにアーバン・アウトフィッターなどではその手の中古ジーンズが100ドル以上で売られているとか。


「そんなのとっくに処分してないよ〜」

とわたし。


「え〜っ、残念!」


うわ〜あのジーンズがまた流行ってるだなんて。笑

流行って戻ってくるんですね。


もちろん上から下まで

そのままで着てしまうと

古い人になってしまいます。

特に40代からは気をつけないと。


でもコツをふまえてやると

素敵な「スタイル」に早変わりです。


古いものをシックに着る条件は


・今期ものとミックスする

・1点一流品を投入

・ヘア&メイクは旬



これに気をつけてトライしてみてください。


捨てられなかったおかげでお嬢さんや姪に感謝される。

そんな日が訪れるかもしれません。


面白くなって実験的に娘とRish NYの新製品を捨てられなかった古い物と合わせてみました。


e0136254_01450636.jpg
・Top/Rish NY (Coming Soon)

・Bag/Chanel 1980年ごろ。バックルは3年前お直し

・Pants/ティエリー・ミュグレー1987年

・Shoes/Chanel今期もの




パンツはGood Will 行き袋に入っていた物です。



19才の流行に敏感な目で検閲ずみ。

ホントいうとパンツのウエストがちょっとキツいのですがなんとか入りました。


お洋服だけは数年着てないからといってそう簡単に捨てられないみなさま

お気持ちわかりますとも!


衣替えのとき古い服子を引っ張りだして今期ものの新顔とちょっとコーディネイトしてみてください。


結構使えるもの、ありますよ♫



ちなみに水曜日はずっとずっと長く着られるタイムレスなLBDが発売になります!






Rish NY 8月24日21時発売】

マドンナもエリザベス女王と謁見する時選んだバッジレー・ミシュカのLBD と永遠クラシックブラウスが発売になります。

http://www.rishny.com/SHOP/list.php?Search=mark


e0136254_01494388.jpg

タイムレスなエレガンス

長く愛用できるアイテムを揃えることで

ワンランク上の女に









インスタグラム Rish NY Instagram

フォローありがとうございます!

ニューヨークのライフスタイルを母&娘(大学生)チームでご紹介しています。
フォローやいいねをくださるみなさんのところにお邪魔するのが本当に楽しみです^^

Rish NY/リッシュ・ニューヨークの新製品やそのコーディネイトはFacebookをチェックしてください
Rish NY Facebook  ⬅Click♡
お値打ち情報を更新するたびにいち早くお届けできます!

Rish NY/リッシュ・ニューヨークニュースレター
耳寄り情報はニュスレターでお届けしています。
登録はこちらからどうぞ





[PR]
by rumicommon | 2016-08-23 07:24 | NY女子力UPルールズ | Comments(0)

日本初女子留学生たちがハンプトンで夏を過ごした心温まる理由


女の活躍の影には

男の大きな愛がある!


不器用な彼らの愛を引き出すのはわたしたち次第?


男は最後の最後は女の味方


自分の命に換えても守る覚悟がDNAに刻まれているから


歴史の本をひも解けばそんな感慨にひたる機会はたくさんあります。


今日ご紹介するのは

あの、津田梅子など

3人の日本女子初の留学生たちの

だれも書かなかった

ニューヨークでの心温まるエピソードです。


明治維新の時代

女子教育の重要性をかんがみ

梅子などは7才という幼女の身で

10年間のアメリカ留学に出されます。


これが親としてどんなに辛い覚悟が必要なことか。

想像するだけで心臓に痛みが走る方もいらっしゃるかも。


案の定、送り込まれたのは佐幕派で戦争に負けた藩の武士の娘たち


が、彼女たちが帰国してみると

政権はひっくり返っていて

彼女たちは「国の厄介者」になっていたのです。


歴史の本によれば

彼女たちの活躍の場を

当時の封建的な男社会がつぶした

というようなことになっています。


でも、最終的に津田梅子は津田塾女子大を開校します。

その裏側にはいたんです!

何人かの今流にいえばフェミニストたちが。

彼らの大きな「愛」があって実現したのです。


今日は知られざるエピソードのまずはニューヨーク篇をご紹介します。



津田梅子、大山捨松、永井繁子はサウスハンプトンで長期にわたって夏を過ごしたのです。

ハンプトンは当時からアメリカの上流階級が集まる避暑地でした。



e0136254_03541659.jpg
19世紀終わり頃のサウスハンプトン



大山捨松と繁子は高校を卒業したばかり18才の夏でした。

1878年、明治11年のことです。


しかも! つきそいもなしで二人で行くと決めたのです。


どう見てもアジアンな二人。

しかもそこは上流階級が集まる避暑地です。

お世話になっていたホストファミリーは大反対です。


長期滞在に必要なお金はどうやって調達したのでしょう。

なんと、捨松はニューヨークの領事館にかけあうのです。

費用を出してくれって。笑


それでなくても日本政府は

毎月3人の女子たちに莫大な費用をつぎ込んでいます。



総領事の反応は。。。


夏の間遊びに行きたいからその費用を出してくれだと?

絶対に許さ〜ん!


とはおっしゃらなかったのですね。


「行っていいよ!」


そうおっしゃったのは当時の総領事高木三郎です。




ワシントンに住んでいた津田梅子がホストファミリーといっしょにサウスハンプトンに来ることになっておりそれに便乗することを許したのです。


すごいことです。


しかも!


しかも50ドルのお小遣いまで渡しているのです。

(当時の50ドルは現在の約1000ドル)



e0136254_03540123.jpg

極東の片隅のだれも知らない国から7才から14才の年齢で海を渡って来た少女たち5人でした。

が年長の2人は表向き歴史の教科書ではホームシック

実情は、1人は岩倉使節団の一員として同船した若い男にレイプされ

(こういうことさらっと書くしかないですよね。その件では船上で伊藤博文を裁判官に弾劾裁判が開かれています)

もう1人は視力の低下を理由にその女性に付き添う形ですぐに帰国します。




e0136254_04001918.jpg
日本初の女子留学生の2人が米国到着後すぐに帰国した理由は
教科書に書かれているホームシックではなかったのです。
真実を教えてくれるDaughters of the Samurai




残った3人の不憫な娘たち。

それが7才の梅子と10才の繁子と11才の捨松でした。


彼女たちの体に流れる

武士の娘として養われた

国を背負う責任感は大変なものでした。


幼い彼女たちのそのがんばりを肌身で感じるだけに

夏ぐらい楽しませてあげたかったんでしょうね。


その彼女たちは年々まぶしいほどの成長を遂げていきます。


だからこそアメリカの上流階級に交じり

一流の西洋のマナーを身につけ

彼らと対等につきあえるようになってほしい


将来の日本を背負って立つ彼女たちにそれは不可欠なこと


そんな思いもあったはずです。


当時日本の上流階級の女子たちは

外出すら簡単には許されない状況でした。


だから結婚すると女性はいつも家の奥にいるという意味で「奥さま」と呼ばれるほど。

それを思うと本当に心の広いご判断、親心です。



e0136254_03535057.jpg
3人がハンプトンで夏を過ごしたおよそ30年後のイーストハンプトン




e0136254_03533302.jpg
19世紀末のサウスハンプトンのビーチ






e0136254_03532404.jpg
サウスハンプトンのビレッジ




高木三郎は後に捨松がヴァッサー大学を卒業するときは

10人ものお供を連れて卒業式に参列しています。


捨松はヴァッサーではスター的存在でした。

成績も大変に優秀でした。


英語で賞を取ったり

卒業式には代表でスピーチもしています。

「日本におけるイギリスの外交政策」

というような内容でした。


そのスピーチはスタンディングオベーションの大喝采に包まれました。


日本領事館からやってきた男たちも興奮の面持ちだったようです。

自分たちも現地でがんばっている男たちは

彼女が不幸な会津時代も含め

ここまでくるのに

どんな苦労を乗り越えて来たか

知っているだけに

彼女の一番の味方でいたいと思ったのでしょう。


それは深い父の愛に似たものかもしれませんね。

(最近夫の娘に対する深〜い父の愛を知る機会が多く男性に対する見方がどんどん変わっています)


さらにです。

帰国した高木氏は赤坂に建てられた日本初の東京慈善病院の運営に大変に尽力をしています。

これはニューヨークのお隣ニュージャージー州から日本に渡ったホィットニー氏が建てた病院です。

(話しはそれますがこのホィットニー氏は勝海舟一家ととても仲良しで、娘の一人が3歳年下の勝家の息子と結婚しています^^。最後は離婚し、ホィットニーのお嬢さんは子供たちを連れてアメリカに帰るんですけれどね)


その病院には明治皇后が自腹を切ってたくさんのおもちゃを買い入院している子供たちを頻繁に見舞っています。


皇后の「慈善」への取り組みは捨松の影響も大きいはずです。


歴史の表舞台には出てこない高木三郎氏


ハンプトンのエピソードを知った時

東京慈善病院での尽力を知った時

この時代のその瞬間にこの人がいてくれてよかった!

心からそんなことを思いました。



そうそうこの時代のフェミニストと言えば・・・

伊藤博文がいます。


奥さんは元芸妓

家にいつも芸妓を連れてくることでも有名な女好きの伊藤博文がフェミニスト? 


はい、そうなんです。

そのお話はまたいつか ウインク





ビックリマークようこそ、コモンるみのワクワク明治維新ワールドへ!

こちらはこれまで書いて来ただれも知らないエピソードです。


クリップNYプライベート図書館で知った明治皇后


クリップアメリカ人が書く明治皇后はすばらしい女性だった


クリップ100年以上前アメリカ人が見た日本と日本女性


クリップ日本初のワーキングマザーは日本初の恋愛結婚も成就


クリップ英語を話す津田梅子はおしゃべりでちょっとわがままなアメリカ娘だった


クリップアメリカのソサエティが熱狂した山川捨松のうちのめされるエピソード





【SHOP NOW on Rish NY

8月中2万円以上お買い上げをくださった方全員にプレゼント!
http://www.rishny.com

e0136254_04042591.jpg
軽くて大きさも若干調整できるブレスレット(写真)を
今月中2万円以上お買い上げくださった方全員にプレゼントします!

今まだセール中です。

金曜日からは秋まで着られる新製品も入荷します。
時々サイトをチェックしてみてください!



インスタグラム Rish NY Instagram

フォローありがとうございます!

ニューヨークのライフスタイルを母&娘(大学生)チームでご紹介しています。
フォローやいいねをくださるみなさんのところにお邪魔するのが本当に楽しみです^^

Rish NY/リッシュ・ニューヨークの新製品やそのコーディネイトはFacebookをチェックしてください
Rish NY Facebook  ⬅Click♡
お値打ち情報を更新するたびにいち早くお届けできます!

Rish NY/リッシュ・ニューヨークニュースレター
耳寄り情報はニュスレターでお届けしています。
登録はこちらからどうぞ





[PR]
by rumicommon | 2016-08-10 06:30 | NY女子力UPルールズ | Comments(0)

セール品で泣くか笑うかは投資の心構えと同じ

こんにちは、コモンるみです。





e0136254_03262567.jpg
http://www.rishny.com






いよいよ夏も本番。
街はセールの真っ最中。
マークダウンされた服まだまだ着られますね♫


NYから直輸入でお届けするオンラインストアRish NYでも今週末からクーポンセールを開催します!


白い服とプリント柄の服が「summer16」と

コードを打ち込んでいただくと20%OFFになります。


ずっと欲しくてほしくて仕方がなかった服
簡単には手が出ず迷っていた服
それが自分のサイズで大幅なセールに!
そんなときの喜びはひとしおです。

でも、新作で登場したときに即買い
その商品がシーズンの終わりに

自分のサイズだけ残っている

しかもセールになっていると

ちょっとショックですよね。

みなさんもこのどちらか
または両方を

ご経験されたことがあるのでは。

わたし?
あります。どっちも。

ニューヨークの新進デザイナーのファッションを日本に直輸入するオンラインストア、Rish NYを始めてからは、セール値段でみなさんに喜んでいただけることがうれしい反面、正規値段でお買い上げくださった方がいらっしゃる商品にセール価格をつけるときは申し訳ない気持ちでいっぱいです。


が、わたし自身は

セール品で喜ぶことはあっても

泣くことはありません。


これ、発想の転換なんです。


セール品で泣くか笑うかは

投資の心構えと同じだと

思っているからです。


株や金、投信、不動産

なんでもいいんだけど

どんなに辣腕のプロでも

ボトムの価格で買って

最高値で売れることは

まずありません。


それに近いことはあっても。


でもそんなミラクルが起こらなくても

凄腕の投資家はやっぱりすごいのです。


ウォーレン・バフェットさんを例にとってみます。


バフェットさんは絶対危なすぎるものには手をだされません。


安定したものを長期間もつことで有名です。


そしてここが肝心です。

いちいちの銘柄で一喜一憂もされません。


バランスよく

たくさんの銘柄を買い

リスクを分散されているからです。


仮にAが下がってもBは上がっている


さらにすごいのは

大不況で全体に下がっている時

みんなが売るものを大量買いできるガッツがあること



これ、大きな流れの中で長期的に全体を見ているからできることなんですね。


つまり全体で見て

平均値が上昇していればいい

という考え方です。


10年以上もっている株なら

どんなにガツンと下がっても

まだ10年前の値段よりは高いとかね


ポートフォリオは

そのために組むんですね。


素人はそれを自分ではできないから

バフェットさんたちプロの投信を

長期間積み立てで所有する


セール買いも同じ。


たとえあるワンピースを

最安値で買えなくても

ものすごく気に入って

何度も何度も着て

たくさん誉められたものなら

十分に元をとれたはず


一方、セール品の中に

これなら定価でも買いたい

ぐらい気に入るものも

あったんじゃない?


半面、セール会場でなんとなく

その場の雰囲気にのまれ

安くなっているから

買わなくちゃ!

みたいな気になって

家に持ち帰ってみたら

ああ、これなくてもよかった

ということも。


セール品は基本的に返品ができないのでそこで泣く方も。


でもね。これはいいお勉強なのです。

どんなにお買い物上手な人も

こういう失敗ってあるますよ。


わたしの場合は

有名ブランドのセールで

ついつい会場の雰囲気で

買っちゃったのはいいけど

全然必要なかったって失敗はあります。


ブランド物だとセールでもお値段がはるのでなかなか断捨離もできない 笑


こういうふうにクローゼットに眠っているブランド物

結構みんなあるらしいですよ。笑


でもそのお勉強代ですが

年間予算を組んだ時

「失敗買い」も折り込んで

予算に計上しておくといいですよ。


年間の洋服にかける予算の

何パーセントかは失敗代として


そのパーセンテージが

毎年下がって行けばいいのです。



こうすると株が下がったときの

よくいう「折り込みずみ」と同じで

「失敗買い」勉強代も

予算外じゃなく

折り込みずみだと

気が楽です。


それに、他にセールで買って

大成功だったお買い物があり

高くても長期間大切にしたいものがある


そこにフォーカスしましょう!


洋服やアクセサリーも

自分への投資です。キッパリ



ここでまとめます。


・洋服、小物&アクセサリーは自分への投資


・一回ごとの購入で一喜一憂するのではなく年間もしくはシーズン予算内で把握


・失敗買い=勉強代として予算の中に計上


・失敗買い=勉強代の全体に対するパーセンテージが毎回下がることを目指す




Rish NY5日21時から夏服クーポンセール

http://www.rishny.com/SHOP/4052/147474/list.html

e0136254_03272731.jpg




インスタグラム Rish NY Instagram

フォローありがとうございます!

ニューヨークのライフスタイルを母&娘(大学生)チームでご紹介しています。
フォローやいいねをくださるみなさんのところにお邪魔するのが本当に楽しみです^^

Rish NY/リッシュ・ニューヨークの新製品やそのコーディネイトはFacebookをチェックしてください
Rish NY Facebook  ⬅Click♡
お値打ち情報を更新するたびにいち早くお届けできます!

Rish NY/リッシュ・ニューヨークニュースレター
耳寄り情報はニュスレターでお届けしています。
登録はこちらからどうぞ





[PR]
by rumicommon | 2016-08-05 08:00 | NY女子力UPルールズ | Comments(0)

NYのきれいな人は「ココ」がいっしょの答え

こんにちは〜。

コモンるみです。

今日はこちらのクイズの答えです。

クリップ自分はなんだか浮いていると感じる時




さて、答えですが。。。


ニューヨーカーではないですがあのカーダシアン・ファミリーの1人ケンダル・ジェンナーも1年以上共通点があります。


ケンダルはみなさんご存知のようにVOGUEの表紙を飾ったり一流ブランドでもモデルとして起用されたり。

今やもっとも売れてるイット・モデルです。





e0136254_13430362.jpeg

photo/

(VOGUEでケンダルのベスト13ストリートファッションを特集しています)

この着こなし、わたしノックアウトされました





e0136254_13413508.jpg
色を使っているのはバッグだけ。
必ず3色以内にまとめるのが彼女風。
ミディ丈のトップは大きなスリットで細身パンツが見せてもたつきがありません。





e0136254_13431990.jpeg

photo/

ケンダルは自分自身にインパクトがあることを熟知していますね

だからアクセサリーはほとんどなし

そして小物含めて3色以上は使いません

この場合ヘアとサングラスの黒のインパクトが強いのでアクセはなし






e0136254_13433982.jpeg

レースアップシューズのバランスはケンダルでも難しいです

パンツ丈とトップ選びがキモ

レースのすぐ上からパンツが始まると

抜け感がないからX

少し足を見せる着丈で○

トップは小さくまとめます






e0136254_13432812.jpeg

photo/

肩を出したら足隠す

白、ナチュラルヘア、小麦色の肌

片手にスマホにぎりしめ。典型的なニューヨーカーのファッションです

夏のゴールドサンダルは本当に重宝です






e0136254_13415232.jpg

今月ニューヨークで

photo/

パンツがボリュームありでしかもスニーカー

ハイウエスト切り替えで足部分をマキシマムまで伸ばしトップは短め

身長があるから微妙なバランスも着こなせてしまいます


(ELLEでなんと1年にわたり199枚のケンドール・ジェナーの写真を載せています。

年齢関係なく必見です。服のバランスのとり方のお勉強になります)





で、答えですが、たくさんの方が正解だったのではないでしょうか。


・ヘアをセンターパートで分けてる


・カールはほとんど入ってないナチュラルかストレート


・ロングかセミロング


そしてこれはどなたからもご指摘がなかったのですが


・ハイライトはアウト




ニューヨークを基盤にしているか

もしくはニューヨークによく来る

モデル、女優、著名人など

きれいな女性たちの

旬のヘアスタイルはこれなんですね。


今、ニューヨークではハイライトも流行遅れだそうで。


でも、だからといって

日本にお住いのみなさんや

ニューヨークに住んでいる

アラフォー以上の方は

即刻真似をする必要はまったくありません。


そんなことをいきなりしたら

普段の自分のおつきあいの範疇で

浮いてしまうかも。


問題は拾ったその情報を

どう自分なりに解釈し

取り入れるか



今SNSで話題になっている

「鵜呑み」は

この場合はしないほうがいいでしょう



ちなみにわたしは

こういうことに

めちゃくちゃ敏感な

19才の娘に

ファッション・チェックを

してもらっています。


自分を客観視するには

ある意味一番手厳しい

歯に衣着せぬものいいをする

娘の目というのは

一番信用できます。


娘は小さいころ

日本人の中にいると

「ハーフちゃん」

アメリカ人の中にいると

「英語がちょっと下手なアジアン」

と見られてきました。


つまりどこにいても

なんか浮いている

存在だったのです。


だから彼女なりに学んだんですね。

少しでも浮き具合を緩和し

その場になじむテクニックを。


結果、外見で突出したことは嫌い

10人のうち7、8人が

していることを取り入れる

スタイルが出来上がったのです。


不思議なもので

それでも彼女なりのスタイルはあって

おしゃれな友人たちの間でも

一目置かれるまでになりました。


中学ぐらいのとき

あれこれ相当な迷い道をして

やっとここにたどり着いたという感じです。


娘の目は厳しいですが

バランス感覚は信用できます。


その彼女いわく

「分け目があまりくっきりししてないざっくりな今の感じでOK」

ということでした。


(プロフィールの写真では横分けですが最近は分け目ざっくりです。笑)



ケンダルの例でもわかるように

本当におしゃれな人は

肩の力が抜けてます。


でもそこにたどり着くまでは

ガチガチにがんばる時期

そりゃありますわよ〜 ウインク



まずは自分がおかれた環境で

みんなの「共通点は何か」

ここを知り

歩み寄るスタンスから

はじめましょ



自分が浮いてない

しっくりなじんでいるという感覚

それを一度味わうと

人間関係もどんどん楽になっていきますよ♫





Rish NYからいよいよ29日21時発売】

2年ぶり!待望のジョード・コナリー新発売!

昨年は急激な円安で入荷を断念

けれど熱烈なファンの方からご要望をいただき

今年は入荷決定!

湿気と猛暑攻めの日本の夏これ以上強い味方もありません。

http://www.rishny.com/SHOP/list.php?Search=jc-

e0136254_13505562.jpg




インスタグラム Rish NY Instagram

フォローありがとうございます!

ニューヨークのライフスタイルを母&娘(大学生)チームでご紹介しています。
フォローやいいねをくださるみなさんのところにお邪魔するのが本当に楽しみです^^

Rish NY/リッシュ・ニューヨークの新製品やそのコーディネイトはFacebookをチェックしてください
Rish NY Facebook  ⬅Click♡
お値打ち情報を更新するたびにいち早くお届けできます!

Rish NY/リッシュ・ニューヨークニュースレター
耳寄り情報はニュスレターでお届けしています。
登録はこちらからどうぞ





[PR]
by rumicommon | 2016-08-03 13:53 | NY女子力UPルールズ | Comments(0)


20年+住んで見えてきたNYの常識=日本の非常識やニューヨーカーから見た日本人のすばらしさや不思議なことなどをご紹介します。


by rumicommon

プロフィールを見る

カテゴリ

女目線で応援するいい男」
NY女子力UPルールズ
NY1%未満の時事
日常・一期一会
セレブの住まい
 ージャクリーン・ケネディ
 ージョンF・ケネディJr.
 ールパード・マードック
 ーSATCのMr.Big
 ー蒋介石夫人
 ーNY1のパワーアドレス
NY流女の生き方
 ーブルック・アスター
 ージャンニ・ベルサーチ
 ー100年前のマンハッタン
 ー伝説のダコタハウス
 ーバーブラ・ストライザンド
 ーマドンナ
 ーニクソン元大統領
 ーサラ・ジェシカ・パーカー
非日常への旅立ち
 ー箱根
 ー京都
 ーウィスラー
 ープラハ
 ーフランス ドルドーニュ
 ーハンプトン
 ーコート・ダジュール
 ーサウスビーチ
 ーベニス
 ーグランドキャニオン
 ータイ
 ー京都
NY1%未満のマネー術
NYここだけ内緒のお話
メディア掲載記事
VOGUE寄稿記事
プロフィール
目からウロコHealth&Beauty
NY1%未満の子育て

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
It's a Small...
ケチケチ贅沢日記
Venus World
こえだニューヨーク
日々の暮らしの中で
ひとりぼっちランチ
madameHのバラ色の人生
keiko's pari...
LIVING PHOTO
やわらかい陽ざしのなかで
My style

ライフログ


ニューヨーク発・幸せになれる体質作り―Giving上流の極意


Debrett's New Guide to Etiquette and Modern Manners: The Indispensable Handbook


The 48 Laws of Power


NY発 世界基準の女の心得

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
ファッション