あの服が激安で手に入る怖い理由

この記事は

激安で服を売っている

ファスト・ファッションブランドの商品を

ボイコットしようという提案ではありません。




e0136254_06283364.png


むしろ今となっては方向性を変える応援をすることが急務だという提案です。



信じられないレベルの破格値でお洋服を売るブランドが今世界を席巻しています。

ファースト・フードならぬ

ファースト・ファッションが登場して

何年になるでしょう。



一週間単位で新製品を作り

どんどん信じられない値段で大量に売り出す。


それがファースト・ファッションの特徴です。



かつては高級ブランドだけが

ブティックを構えていたニューヨークの五番街は

今やファースト・ファッションブランドが軒を並べています。



嬉しい反面どうしたらこんな値段で服が作れるの? と疑問がつのります。



その謎に勇敢にも真っ正面から取り組んだのがこのドキュメンタリーです。



「The True Cost of Fast Fashion」
(『ザ・トゥルー・コスト ~ファストファッション 真の代償~』)

結論から先にいうと、この映画は、

価格破壊が想像を超える環境破壊と

人間破壊の上に成立していることを描き出しています。


その実態はあまりにショッキングで

今すぐ何かできることから

わたしたちも動かないと大変なことになると思えます。


ぜひみなさんとシェアさせてください。



わたしが小さいころ安価な服は日本製でした。

育った地元には大きな繊維街があり

近所のおばちゃんたちの多くが

内職で洋服を縫っていました。


1枚縫っていくらもらえるの?


その金額を聞いて子供心に驚いたものです。

「たったそれだけ?」

という印象だったからです。



けれどそれでも縫製工場は

どんどんつぶれ繊維産業は

さらに安価に服が作れる

中国に移動していきました。



繊維で栄えた街はどんどん活気を失くし中国製の服はさらに安くなりました。



そしてこのペースは年々早くなっています。

現在は中国からさらに別の国に工場は

移りまさに価格破壊としかいいようがない

値段の商品が売られるようになりました。



ただ同然で売られる服たち

それは

バングラデシュなどで

12才とか13才の子が

気が遠くなるほど長時間

働き詰めで1枚ずつ

ミシンで縫った服なのです


しかもただ同然の報酬が対価です。



服はベルトコンベアーにのって

機械で作られると思っていた人が

結構多くてびっくりしました。笑




e0136254_06272385.jpg


働いている人たちは

血のにじむ思いで長時間働いても

暮らしは楽になりません。



そのうえその服は数回着て飽きられて

ゴミ同然にチャリティなど

ドネーションにまわされます。



その後その服たちはどこに行くかご存知ですか?

チャリティ先でも結局売れなかったり引き取り手がなくまた開発途上国に戻ってくるのです。


が、ここでも着てくれる人はなく

束にされて空き地に

ゴミの山と化して放置されるのです。



e0136254_06271383.jpg



しかもこのゴミと化した服たちは大地に戻るのに200年かかるそうです。

つい先頃、バングラデシュの縫製工場で

悲惨な大事故がありました。

多くの人が犠牲となり命を落としました。



ビルに大きなひび割れがあったことに

従業員たちは気づいて不安に思っていたのです。

が、工場主は耳を傾けず、修理もせず放置し、

従業員たちは強制的にそのビルで働かされ続けました。

挙げ句ビルが崩れ落ち200人以上の人が

亡くなるという大惨事となったのです。




e0136254_06280479.png

今わたしたち消費者に何ができるか、

今日はそれを考えていただきたくて記事にします。


その実態はあまりにショックで

今すぐ何かできることから

わたしたちも動かないと大変なことになると思うからです。



かといってもうここまで来てしまうと

そのブランドの商品をボイコットすることが得策とは思えません


大恐慌のとき、影響力の強い会社がつぶれるとさらなる混乱を招くのと同じです。


さらなる破壊に巻き込まれて

関連下請け工場の人たちは

もっと大変な思いをするからです。



では、この期に及んで環境や人間を救うにはどうすればいいのか。



もう劣悪な環境で血のにじむような思いで作られた服をゴミ同然に扱うことはやめましょう。

彼女たちが安全で清潔な環境で楽しく服を作れるように応援しましょう。



ではどうすればいいのか



みなさんがいつも購入している

ファーストファッションのブランドを

Win-Winで応援したいと思うなら。。。



・悲惨な状況で働かされている下請けが密集するたとえばバングラデシュなどの政府が最低賃金制定など人権保護法を制定するよう働きかける



・消費者であるわたしたちがその商品たちが生まれる過程を理解し愛着をこめて大切に着られる商品だけを買う

が第一歩かと思います。



たとえば北欧に本社のある会社は高級ラインを始めました。

わたしはその高級ラインを購入することで応援しています。



ゆくゆくは安いほうのブランドから

こちらに売り上げをシフトしていけたらいいなと思うからです。



また下請け工場の従業員のお給料をあげるため

商品の値上げを発表した某会社を評価し

その会社の商品を買うようになりました。



が、消費者は買い控えるようになり

売り上げは落ちたと会社の発表がありました。


また前の状態に戻らなければいいのですが。



またステラ・マッカートニーも

コメントしていますが

廉価な皮革製品が

いかに環境汚染を生み出しているかを学びました。



それはもう想像以上に深刻な状況です。

ならば皮革ジャケットの代わりに

ビーガンレザーのジャケット

(人工皮革、最近の質は本物そっくりです)を

買うことで環境へのインパクトを抑えます。


(もう本皮革の服を持っている方は大切に着ましょう)

わたしは商品をよく「服子」と書きます。


それはいつもその作り手のことも想像しながら商品を選んでいるからなのです。


そして一旦選んだ服は

お嫁に出すような気持ちで

みなさんのところに送り出しています^^



大切にされまた選んでくださった方を幸せにできるように祈りながら。

ぜひみなさんにもこのドキュメンタリーを見ていただきたいのです。






Rish NY4月7日21時発売】

日本のエポック的エレガンス・ブランド

アルファキュービックを彷彿とさせる膝下丈ワンピース5点

http://www.rishny.com/SHOP/list.php


e0136254_23313877.jpg

りょうこちゃんは身長163cm, 通常下半身が上半身よりサイズがひとつ上で、

服を選ぶのが大変とか。
が、こちらは彼女自身もびっくりするほどお似合いでした
上半身はシャーリング、若干ハイウエスト切り替えです。

さらさらの洗える素材です。
http://www.rishny.com/SHOP/fr-s17-05.html




身長164cm、最近美味しいものを食べ過ぎて

サイズSの胸が少しキツいです。汗
ウエストからきれいに広がるライン、サッカーっぽいリップル素材、

ピンストライプの夏らしい涼しい素材です。
前ボタンの位置は膝上15cm以上のところまで。

歩くと足がチラチラと見える上品セクシーな工夫が。
http://www.rishny.com/SHOP/bd-s17-11.html




e0136254_23324111.jpg

朝子ちゃんはご存知身長159cm、彼女も下半身が上半身よりワンサイズ上。
が、ヒップからウエストにかけてのラインがカッコいい。
ちゃんとワークアウトするって大切ですね。
けれどヒップ部分がパツパツになることはありません。
こちらは厚手コットンに若干伸縮素材入り。ハイウエスト切り替え。

大人のエレガントなマリーンルックという感じです。
袖口のボーダー切り替えがポイントになっています。
http://www.rishny.com/SHOP/fr-s17-06.html





リネンに、しなやかソフトなビスコースを混紡した上質な素材です。

まさにラネロッシでこんなワンピース持ってました。

寸胴のわたしにはありがたいシルエット。
袖はキャップスリーブ、これだけのことで腕の付け根が気になる人にはうれしい工夫。
ウエストできゅっと締めて広がるシルエットは男性ウケも抜群。着心地も抜群です。
http://www.rishny.com/SHOP/fr-s17-02.html





e0136254_23314363.jpg

多分写真で見た感じよりやわらかな素材で驚かれると思います。
オフショルダーで着る(肩に乗せてももちろんOK)

肩のフリル部分はゴム入りのワンピースです。
http://www.rishny.com/SHOP/fr-s17-03.html





インスタグラム Rish NY Instagram

フォローありがとうございます!

ニューヨークのライフスタイルを母&娘(大学生)チームでご紹介しています。
フォローやいいねをくださるみなさんのところにお邪魔するのが本当に楽しみです^^

Rish NY/リッシュ・ニューヨークの新製品やそのコーディネイトはFacebookをチェックしてください
Rish NY Facebook  ⬅Click♡
お値打ち情報を更新するたびにいち早くお届けできます!

Rish NY/リッシュ・ニューヨークニュースレター
耳寄り情報はニュスレターでお届けしています。
登録はこちらからどうぞ

ここからお店に飛んでいただけます。CLICK⬇

e0136254_10451492.gif



[PR]
# by rumicommon | 2017-04-06 23:36 | NY女子力UPルールズ | Comments(0)


20年+住んで見えてきたNYの常識=日本の非常識やニューヨーカーから見た日本人のすばらしさや不思議なことなどをご紹介します。


by rumicommon

プロフィールを見る

カテゴリ

女目線で応援するいい男」
NY女子力UPルールズ
NY1%未満の時事
日常・一期一会
セレブの住まい
 ージャクリーン・ケネディ
 ージョンF・ケネディJr.
 ールパード・マードック
 ーSATCのMr.Big
 ー蒋介石夫人
 ーNY1のパワーアドレス
NY流女の生き方
 ーブルック・アスター
 ージャンニ・ベルサーチ
 ー100年前のマンハッタン
 ー伝説のダコタハウス
 ーバーブラ・ストライザンド
 ーマドンナ
 ーニクソン元大統領
 ーサラ・ジェシカ・パーカー
非日常への旅立ち
 ー箱根
 ー京都
 ーウィスラー
 ープラハ
 ーフランス ドルドーニュ
 ーハンプトン
 ーコート・ダジュール
 ーサウスビーチ
 ーベニス
 ーグランドキャニオン
 ータイ
 ー京都
NY1%未満のマネー術
NYここだけ内緒のお話
メディア掲載記事
VOGUE寄稿記事
プロフィール
目からウロコHealth&Beauty
NY1%未満の子育て

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
It's a Small...
ケチケチ贅沢日記
Venus World
こえだニューヨーク
日々の暮らしの中で
ひとりぼっちランチ
madameHのバラ色の人生
latte di luna
keiko's pari...
LIVING PHOTO
やわらかい陽ざしのなかで
My style

ライフログ


ニューヨーク発・幸せになれる体質作り―Giving上流の極意


Debrett's New Guide to Etiquette and Modern Manners: The Indispensable Handbook


The 48 Laws of Power


NY発 世界基準の女の心得

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
ファッション