タグ:コモンるみ ( 3 ) タグの人気記事

母が愛する長財布

今年の母の日は

お花を贈る代わりに母に会いにきました。


そして母におつきあいし

病院に行ってきました。


元気そのものの母を見ていると

とても残された命は

短いかもしれない人には

思えません。


元気そうにまったく平常通りの生活をしています。

唯一、薬の副作用で

身体にじんましんが出て

痒くて仕方がないそうです。


そのため

皮膚科を訪ねました。


が、母は、病院まで

自分で運転するといって聞きませんあせる

「ダメ、わたしが運転するから」

といっても

「日本でしばらく運転してないでしょ。

危ないから」

と、わたしに運転させてくれないのです。

「もう50年以上運転しているベテランだから」

と、いわれ、え〜っ!!!

と、最初はのけぞっってしまいました。


が、母の頑固さはよく知っているので

まぁ、本人の好きにするのが一番かな

そう肚をくくり助手席に座りました。


が、ひとたびステアリングを握ると

きびきびとした運転で

びっくりさせられます。


病院では、予約がなかったとはいえ

3時間以上待たされました。

母が元気でよかったです。

で、なければこの待ち時間は

病人には相当辛いのではと思いました。


おかげで待っている間

いっしょにランチをしたり

母の話し相手をしながら

コンピュータを持参していたので

仕事を終えてしまうこともできました。


でも、中には具合が悪すぎて

待っている間、

横になっているお年寄りもいらっしゃいました。

この待ち時間は辛いですね。


お気の毒です。


さて、ランチをしながら

お会計というとき

私が払おうとすると

「いいから」

と、母が伝票を取り上げます。

「わざわざニューヨークからきてくれたんだから」

と、母はお会計を払わせてくれません。



そしてバッグから

いつもの長財布を取り出しました。




e0136254_07174239.jpg



このきれいな

カメオの留め金の長財布は

実は、わたしが

初めてヨーロッパを旅行した際

母のためにおみやげに

買って来たものです。


19歳のときのことです。



母は、以来とても大切に使ってくれています。

当時、成人の御祝いに何がほしい?と聞かれ

わたしは「海外旅行」と答えました。

こうして約1ヶ月間、成人する前に

ヨーロッパ各国を旅することがその際、ローマでひと目惚れしたお財布。


当時シャネルのバッグの

約半額ぐらいだったことを覚えています。

かなりの金額でしたが

二つ返事で旅行を許可してくれた母へ

感謝の気持ちをこめて

清水買いをしました。


ずっとデパートでアルバイトをしてためたお金で買いました。


e0136254_07174720.jpg



お財布にはポケットが4つあります。

一番深い部分は手がすっぽり入る深さです。



ネイビーとワインレッド

その色合いの美しさは

今もまったく褪せることがありません。

一見するとまるで新品同様

35年以上にわたり

大切に大切に

毎日欠かさず使ってくれたのです。



e0136254_07175309.jpg



が、目をこらしてよく見ると

わずかに角が痛んでいます。

そこに長年の歴史を感じます。


「よいものを大切に長く使う」

それを教えてくれたのは母でした。


高校生のとき、

忘れもしません。

靴を買いたいといったら

母がお金を持たせてくれました。

○○(靴屋さんの名前)で

買ってねと条件付きでした。


わたしは○○に行く予定で家を出ました。


が、途中で大きな今でいうアウトレットのような

靴屋さんの前を通りました。



そこにちょっと心惹かれる靴が並んでいました。

思わず、中に入り

履いてみるだけ履いてみることにしました。

なんと、靴は足にぴったりです。



そして履き心地もいいような気がしました。

わたしは○○のことはすっかり忘れ

思わずその靴を買ってしまいました。

値段を見て感動したのです。

だって母からもらった半額で

買える金額だったのですから。


わたしはうれしくなってもう一足その店で

靴を買ってしまいました。

1足分で二足買えた!

快挙です。


わたしは○○のことはすっかり忘れ

喜びいさんで帰りました。

「見てみて、1足分で二足買えたよ!」

と、母に報告をしました。


きっといっしょになって喜んでくれるだろうと思ったのです。


ところが母は

「そんな安物を二足買うためにお金を渡したんじゃないの」

と、いっしょに喜んでくれるどころか

「靴は少し高くても足に合うきちんとしたものを買わなくちゃ足を痛めつけることになる」

と、こんこんとお説教です。


事実、その靴はセンスはよかったけれど

履いてみるとすぐに壊れてきてしまいました。


安物買いの銭失い


そんな大坂商人ならいいそうな台詞を

そのときの失敗から学びました。


以来、主に靴、バッグ、財布は

流行を超えて

長く使えるものを

買うことを教訓にしました。


母にプレゼントした長財布は

当時のわたしには

相当高額なものでした。

しかも有名ブランドの商品ではありません。


それでも、

質がいいものであることは

わたしにも分かりました。


だから母は本当に喜んでくれました。


が、まさか30年以上もの長きにわたって

大切にしてくれるとは。。。


そればかりは想定外でした。


今もローマに行くたびに

似たようなお財布を

売っているお店はあるかしらと

つい、目で探してしまいます。

が、以来、カメオの留め金の

上品で質のいい長財布をみたことは

一度もありません。


このお財布と出会うのは

運命だったのかも^^

良い物を長く。愛情をこめて大切に使う

それは実はニューヨークの人たちの

美徳でもあります。

彼らもまた古くても良いものや

愛着のあるものは、

絶対に捨てません。


靴でもバッグでも

お修理を繰り返して

長く身につけます。

大人であることを自覚したら

本物を見る目を磨くことを

意識しましょう。


本当にいい物をたくさん見て

身につけると

その見分け方が

だんだん分かってきます。

そうするとブランド名に惑わされずに

いいものを探し出せるようになります。


また、一流のよいものを

見分ける目を養うと

たとえばトラベルジュエリーや

夏、短期間楽しむ服や小物を

格は落とさずお値段は落として

上手に選べるようになります。


汗をかく夏の服は消耗品。

夏は、や服は旬のものも

上手に楽しんでください。





Rish NY 19日( 金)正午発売】

旬度はボトムから

毎シーズン旬のボトムで似合いそうなものに一つ挑戦する。

気分も上がるしワードローブの鮮度も上がります。

http://www.rishny.com/SHOP/list.php?Search=new-bottom

e0136254_07173872.jpg
e0136254_07173370.jpg
e0136254_07173599.jpg
e0136254_07173946.jpg





インスタグラム Rish NY Instagram

フォローありがとうございます!
ニューヨークのライフスタイルを母&娘(大学生)チームでご紹介しています。
フォローやいいねをくださるみなさんのところにお邪魔するのが本当に楽しみです^^


Rish NY/リッシュ・ニューヨークの新製品やそのコーディネイトはFacebookをチェックしてください
Rish NY Facebook  ⬅Click♡
お値打ち情報を更新するたびにいち早くお届けできます!


Rish NY/リッシュ・ニューヨークニュースレター
耳寄り情報はニュスレターでお届けしています。
登録はこちらからどうぞ



[PR]
by rumicommon | 2017-05-19 07:23 | NY女子力UPルールズ | Comments(0)

外見を変えると扱われ方がこんなにも変わる

今日は、わたしが

母から学んだことを。




人間、中身だよ

人を外見で判断しちゃいけない

といいます。

これ、もちろんその通りなんです。



でも、世の中の大半の人は

悲しいかな外見で判断します。



特に、さまざまなバックグランドの人が暮らす貧富の差が激しいニューヨークではまさにそれ。



だから、これを逆手にとって

人生をちょっとギアチェンジしたいなら

手っ取り早いのは外見を変えること。




外見の重要性

時には黒子に、時には場を盛り立て

服をT.P. Oに合わせて選ぶこと

素材の季節感を大切にすることなどを

母にはくどく言われました。




確かに初めて人に会うと、

わたしたちはまずその人を

自分なりのカテゴリーに分類します。



結構外見だけで

マウンティングしたり

嫌いと決めつけたり

また逆も真なり。

意外にジャッジしちゃうのは

肌の状態、歯の色や歯並び、

メイク法、ヘアのツヤ


そしてさらに重要なのが服の質感

つまり素材感です。

面積が大きいから印象に大きな影響を及ぼします




ぺら〜んと安っぽい素材の服を着ていると

せっかく中身がすばらしいのに

損をすることになってしまいます。

これも母にくどく言われたことです。

だから、身体全体の大きな面積を占める

服にもちゃんとこだわると

効果覿面ですよ。




e0136254_05552260.png




五番街にある世界のトップブランドのお店に

ある日、ガラガラと

機内持ち込み用スーツケースをもって

行きました。

お修理が必要だったのです。



その日は、たまたまその後、

大切なミーティングがあり

わたしにはめずらしくヒールを履き

フルメイク&バッジレー・ミシュカの

ワンピースを着ていました。




バッグはそのブランドのライバル社のものです。ウインク

ドアを開けた途端

「マダム、おはようございます! 」

と、それはそれは丁重にうやうやしく

しゃきっとスーツを着た店員さんが

お声をかけてくださいました。

「お直しを」

と、いうとエレベーターの場所まで

同行してくれました。



エレベーターの中で会った社員も

ていねいに挨拶をしてくださいました。



が、お修理が出来上がり

それをとりにいくときは

穴こそないけれどジーンズにニット

かなりカジュアルでほぼノーメイク

ブランドのバッグも持っていませんでした。



ドアを開けてもだれもよってこないし

挨拶もなしです。なはは。

人は見た目が100% 

(そんな名前のドラマがあるとか)

これ、怖いぐらいホントですね。




もうひとつ外見の威力を

肝に命じたエピソードを。

25ans時代親しくしていた

ある一流ブランドのプレスのMちゃん。




背はすらっと高く仕草がきれいで

アヌーク・エメに似た美人です。

ぶりっ子なかわいい子が全盛時代に

彼女の大人の魅力はやっぱりカッコよく

どこにいっても一目おかれます。

服は勤務しているヨーロッパの

一流ブランドの服しか

身につけてなかったから

それはもう文句なくカッコいい。



でもこの彼女にもモテない時代があったのです。




「わたしね、高校3年の夏まではすごく太っていたの。

背も高くて太っていると

それはもう悲惨なのよ。

だけど、ホルモンの影響かしら。

何もしないのに

高3の夏の間にかなり痩せたの。

そうしたらね。

秋に学校に戻った時の男子の

見る目と対応がガラッと変わったの」

それはもう、びっくりだったそうです。




手のひらを返したように

というと逆の意味ですが。笑



いきなりモテ始め、ちやほやされるようになった。

ただ数キロ痩せただけなのに。

「あの〜、今のわたし数ヶ月前のわたしと

同じなんですけれど〜」

と、慣れるまで何度も叫びたかったと言ってました。



その時思ったそうです。

やっぱり人間、外見なんだって。



ってことは、着痩せ効果もバカにできません。笑



お洋服、ちゃんと選ばないと。



これは男性も同じです。
特に男性は着ているものがシンプルなので素材感は大きな判断材料になります。

シャツやスーツの素材感とフィット感で

取引先やクライアントに与える印象がうんと変わりますよ。







Rish NY/リッシュ・ニューヨークから

金曜日に発売になるトップスたちは

洗えるし、毎日着倒していただけるものばかり。

が、素材感にはこだわっています。




たとえば、流行オフショルダーのトップス

コットンの中でも質感がいい

ブロードという素材を使っています。



なのでしなやかでハリと光沢感があり

着ていても気持ちがいいし、ほんのり品が宿ります。



カジュアルな着こなしは素材勝負。

素材に上等感があると

たとえ普段着でも

それなりにていねいに扱ってもらえます。





e0136254_11442071.jpg

ゴムは脇の肩の部分だけ。だから胸元がぴしっとしてとてもきれいです。

また袖口も折返し部分がぴしっとしています。

後ろ側にスリットが入っています。

http://www.rishny.com/SHOP/rv-s17-03.html

パンツはもう何年も履いているラグ&ボーン。

すごく足がきれいに見えるとみんなに誉めてもらえます。

なんとオンラインで買いました。





インスタグラム Rish NY Instagram

フォローありがとうございます!

ニューヨークのライフスタイルを母&娘(大学生)チームでご紹介しています。
フォローやいいねをくださるみなさんのところにお邪魔するのが本当に楽しみです^^


Rish NY/リッシュ・ニューヨークの新製品やそのコーディネイトはFacebookをチェックしてください
Rish NY Facebook  ⬅Click♡
お値打ち情報を更新するたびにいち早くお届けできます!


Rish NY/リッシュ・ニューヨークニュースレター
耳寄り情報はニュスレターでお届けしています。
登録はこちらからどうぞ


[PR]
by rumicommon | 2017-05-07 05:59 | NY女子力UPルールズ | Comments(0)

愛される努力よりもっと大切なこと

e0136254_20581691.jpg
空にプロポーズ「Marry Me」
ある週末セントラルパークで






今、日本では「愛される女」になるためのセミナーが大繁盛

彼に愛される

お金に愛される

お客様に愛される

愛されるための情報が出回っていて

みんなちまなこになって探してます。



みんな愛されたいんですよね。

だから愛される方法ばかりがクローズアップされる。



でも、真価を問われるのは

一つ前のエントリーにあったように

愛されていたはずの

彼、お金、お客様など

対象者(物)との関係が

危機的状況に直面したとき。



普段、無理しないでもニコニコしていられて

自然と感謝がわき上がってくるときは

問題ないけれど。



本当に大好きな人、

大切なものとの関係が

暗礁に乗り上げそうになっているときなら。

焦りますよね。



またはパニックに陥りますよね。



でも、なんとしても守りたいと思うなら。



彼の元カノからストーカーまがいの無言電話があった。

彼のお部屋に別の女がいるらしい痕跡を見つけた。

それでも彼を信じて

いっしょに人生を共にしたいなら。

クリップこちらの続きです。



修羅場に直面したとき

一時の感情に任せて

一人玉砕している場合じゃありません。笑




それでも愛されたければ、


愛され方より、愛し方を勉強するのがまず先決!



わたしの友人が

彼のお部屋のバスルームで

トイレットペーパーが

三角に畳んであったのを発見したとき

どうしたか。



はい、一瞬、頭に来た彼女は

彼ではなく(賢い!)

わたしに電話してきました。笑



当時雑誌の編集をしていたわたしは

会社の地下のスタジオで撮影中でした。

しかも、まだ下っ端。


そんなときに電話口に呼ばれても。

まともに聞いてあげられなくて

「ごめんね。今話せないのよ〜」

と、つれない返事をしてしまいました。汗



そこで彼女がしたことは

トイレットペーパーを

6角形にたたむこと。大笑



彼が帰ってくるまで時間があったのがよかったのです。



彼がもどってくる頃には冷静さが戻り

その場では何もいわなかったそうです。

実はその前の数ヶ月

彼女たちは会ってない期間があったので

仕方ないか、と思ったそうです。



平常心が戻ると

今、大騒ぎをしたら

また二人の関係は暗礁に乗り上げる。

それは、今自分が望むことではない。

そう見えてきたのだそうです。





続いて、

LAまで遠距離恋愛中の彼に会いに

サプライズで行った彼女。

彼のアパートに行くと

彼はいなくて、アメリカ人の女性がいたとか。

この時彼女はどうしたのか。



その女性に

「一週間だけでいいから彼を貸して」

と、交渉したそうです。



一週間経てばわたしは日本に帰る。

そうしたら彼はまたあなたのもの。

ほら、アメリカって

彼、彼女じゃなくただの友だちでも

男女でルームメイトになったりします。

それをほのめかして

事態が大事になるのを控えたのです。



このあっぱれな彼女の対応で

彼は結婚への気持ちをいっぱつで固めることになりました。



で、その後、二人はどうしたかというと。。。

タイミングを見計らって

つまり彼の機嫌がよく

自分への愛の手応えを感じられるとき

その話しをさりげなく

ユーモアたっぷりに持ち出したそうです。



そして最後にはしっかり釘をさすことも忘れません


これ、すごく大切です。



そしてニューヨーカーたちは

これとっても上手。



ハニーとか、スィートハートとか

甘い言葉をいっぱいちりばめて

しっかり言うことはいうのです。大笑



何をされると自分はイヤなのか

しっかり最初に伝えておくべきなのです



何事も最初が肝心だから。

こういうことに関しては

日本でも以心伝心はありえません。



「結婚をしたら、もう二度とこういうことはなしね」

って、しっかり言っておきましょう。

わたしはどうしたかって?



わたしは彼女たちみたいに大人な対応はできませんでした。

でも、大騒ぎをして彼を失いたくはないと思いました。

一方、彼女のいうことにはウソがあり

彼のほうが信じられると直感で感じていました。



そこで、

こういう電話があったけれど

どういう人? もう終わっているの?

と、ちょっときついいい方になったかもしれないけれど確認しました。

で、彼が謝って

その態度が真摯だと思ったら

それでちゃんちゃん。



おしまいにし、忘れる努力をしました。

で本当にずっと忘れていました。笑



愛されたければ、愛しなさい。



特に危機的な状況では

彼のすべてをまるごとひっくるめて

それでも愛せるかどうか、

人間としてのコアの部分を

信じられるかどうかです。



それでも、愛していると思うなら。

どういう行動をとればいいか、

マニュアルなんて見なくても

自ずと答えは見えてくるはず。



本日、Rish NYから

愛するのが上手な女性に似合う大人可愛いお洋服が登場します!

モデルになってくれた朝子ちゃんとりょうこちゃんはどちらも妻であり二人のお子さんのママでもあります。




Rish NYSHOP NOW】

お値段以上の顔をした旬のアイテム

http://www.rishny.com

e0136254_20190273.jpg
 
e0136254_20190847.jpg

左/http://www.rishny.com/SHOP/al-s17-01.html

大好評で完売した黒のシフォンを巻いたパンツのビザンチン風プリントバージョンです。

一見ロングスカート風ワイドパンツです。

右/http://www.rishny.com/SHOP/er-s17-02.html

コットン基調のレースにスパンコールを三段ボーダーにあしらったタンク。

長さがちょうどおへそまでだから今どきのハイライズ気味パンツにぴったり

e0136254_20222508.jpg
 
e0136254_20200697.jpg


http://www.rishny.com/SHOP/bd-s17-04.html

http://www.rishny.com/SHOP/bd-s17-03.html

ソフトで伸縮性に富むスリップ(腿半ば目安の着丈)と

ショーツのセットアップです。

透け感ある素材が出回るシーズンです。

あまりに気になるなら便利なアイテムです。

e0136254_20152603.jpg

左/http://www.rishny.com/SHOP/mb-s17-07.html

肩のリボンで長さは調整できます。ふんわり感のあるコットン。

ギャザーたっぷりです。


中央/http://www.rishny.com/SHOP/mb-s17-04.html

パールグレーと黒の二色でご用意しています。

二枚重ねたチュールは164cmでくるぶし丈。

ベース部分は膝が見える丈。


右/http://www.rishny.com/SHOP/mb-s17-08.html

透けそうで透けないサラサラ裏地付きワンピース。妊婦さんも中期までどうぞ。


*モデル(NY在住朝子ちゃん)/159cm S着用


e0136254_20252755.jpg

http://www.rishny.com/SHOP/mb-s17-06.html

薄手サラサラの上質クレープ素材。

腰骨の辺りで切り替えた若干フレアシルエット。

身長150cm台の方に。

*モデル(東京在住りょうこちゃん)/163cm, S着用




インスタグラム Rish NY Instagram

フォローありがとうございます!

ニューヨークのライフスタイルを母&娘(大学生)チームでご紹介しています。
フォローやいいねをくださるみなさんのところにお邪魔するのが本当に楽しみです^^

Rish NY/リッシュ・ニューヨークの新製品やそのコーディネイトはFacebookをチェックしてください
Rish NY Facebook  ⬅Click♡
お値打ち情報を更新するたびにいち早くお届けできます!

Rish NY/リッシュ・ニューヨークニュースレター
耳寄り情報はニュスレターでお届けしています。
登録はこちらからどうぞ

ここからお店に飛んでいただけます。CLICK⬇

e0136254_10451492.gif



[PR]
by rumicommon | 2017-04-05 20:29 | Comments(0)


ニューヨークから見える日本人や日本のすばらしさ、時に不思議に感じることなど


by rumicommon

プロフィールを見る

カテゴリ

女目線で応援するいい男」
NY女子力UPルールズ
NY流女の生き方
NY1%未満の時事
日常・一期一会
セレブの住まい
 ージャクリーン・ケネディ
 ージョンF・ケネディJr.
 ールパード・マードック
 ーSATCのMr.Big
 ー蒋介石夫人
 ーNY1のパワーアドレス
 ーブルック・アスター
 ージャンニ・ベルサーチ
 ーニクソン元大統領
 ー100年前のマンハッタン
 ー伝説のダコタハウス
 ーバーブラ・ストライザンド
 ーマドンナ
 ーサラ・ジェシカ・パーカー
非日常への旅立ち
 ー箱根
 ー京都
 ーウィスラー
 ープラハ
 ーフランス ドルドーニュ
 ーハンプトン
 ーコート・ダジュール
 ーサウスビーチ
 ーベニス
 ーグランドキャニオン
 ータイ
 ー京都
NY1%未満のマネー術
NYここだけ内緒のお話
メディア掲載記事
VOGUE寄稿記事
プロフィール
目からウロコHealth&Beauty
NY1%未満の子育て

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
It's a Small...
ケチケチ贅沢日記
Venus World
Salon de Bij...
こえだニューヨーク
日々の暮らしの中で
ひとりぼっちランチ
madameHのバラ色の人生
latte di luna
keiko's pari...
LIVING PHOTO
やわらかい陽ざしのなかで
My style

ライフログ


ニューヨーク発・幸せになれる体質作り―Giving上流の極意


Debrett's New Guide to Etiquette and Modern Manners: The Indispensable Handbook


The 48 Laws of Power


NY発 世界基準の女の心得

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
ファッション