タグ:大山捨松 ( 1 ) タグの人気記事

日本初女子留学生たちがハンプトンで夏を過ごした心温まる理由


女の活躍の影には

男の大きな愛がある!


不器用な彼らの愛を引き出すのはわたしたち次第?


男は最後の最後は女の味方


自分の命に換えても守る覚悟がDNAに刻まれているから


歴史の本をひも解けばそんな感慨にひたる機会はたくさんあります。


今日ご紹介するのは

あの、津田梅子など

3人の日本女子初の留学生たちの

だれも書かなかった

ニューヨークでの心温まるエピソードです。


明治維新の時代

女子教育の重要性をかんがみ

梅子などは7才という幼女の身で

10年間のアメリカ留学に出されます。


これが親としてどんなに辛い覚悟が必要なことか。

想像するだけで心臓に痛みが走る方もいらっしゃるかも。


案の定、送り込まれたのは佐幕派で戦争に負けた藩の武士の娘たち


が、彼女たちが帰国してみると

政権はひっくり返っていて

彼女たちは「国の厄介者」になっていたのです。


歴史の本によれば

彼女たちの活躍の場を

当時の封建的な男社会がつぶした

というようなことになっています。


でも、最終的に津田梅子は津田塾女子大を開校します。

その裏側にはいたんです!

何人かの今流にいえばフェミニストたちが。

彼らの大きな「愛」があって実現したのです。


今日は知られざるエピソードのまずはニューヨーク篇をご紹介します。



津田梅子、大山捨松、永井繁子はサウスハンプトンで長期にわたって夏を過ごしたのです。

ハンプトンは当時からアメリカの上流階級が集まる避暑地でした。



e0136254_03541659.jpg
19世紀終わり頃のサウスハンプトン



大山捨松と繁子は高校を卒業したばかり18才の夏でした。

1878年、明治11年のことです。


しかも! つきそいもなしで二人で行くと決めたのです。


どう見てもアジアンな二人。

しかもそこは上流階級が集まる避暑地です。

お世話になっていたホストファミリーは大反対です。


長期滞在に必要なお金はどうやって調達したのでしょう。

なんと、捨松はニューヨークの領事館にかけあうのです。

費用を出してくれって。笑


それでなくても日本政府は

毎月3人の女子たちに莫大な費用をつぎ込んでいます。



総領事の反応は。。。


夏の間遊びに行きたいからその費用を出してくれだと?

絶対に許さ〜ん!


とはおっしゃらなかったのですね。


「行っていいよ!」


そうおっしゃったのは当時の総領事高木三郎です。




ワシントンに住んでいた津田梅子がホストファミリーといっしょにサウスハンプトンに来ることになっておりそれに便乗することを許したのです。


すごいことです。


しかも!


しかも50ドルのお小遣いまで渡しているのです。

(当時の50ドルは現在の約1000ドル)



e0136254_03540123.jpg

極東の片隅のだれも知らない国から7才から14才の年齢で海を渡って来た少女たち5人でした。

が年長の2人は表向き歴史の教科書ではホームシック

実情は、1人は岩倉使節団の一員として同船した若い男にレイプされ

(こういうことさらっと書くしかないですよね。その件では船上で伊藤博文を裁判官に弾劾裁判が開かれています)

もう1人は視力の低下を理由にその女性に付き添う形ですぐに帰国します。




e0136254_04001918.jpg
日本初の女子留学生の2人が米国到着後すぐに帰国した理由は
教科書に書かれているホームシックではなかったのです。
真実を教えてくれるDaughters of the Samurai




残った3人の不憫な娘たち。

それが7才の梅子と10才の繁子と11才の捨松でした。


彼女たちの体に流れる

武士の娘として養われた

国を背負う責任感は大変なものでした。


幼い彼女たちのそのがんばりを肌身で感じるだけに

夏ぐらい楽しませてあげたかったんでしょうね。


その彼女たちは年々まぶしいほどの成長を遂げていきます。


だからこそアメリカの上流階級に交じり

一流の西洋のマナーを身につけ

彼らと対等につきあえるようになってほしい


将来の日本を背負って立つ彼女たちにそれは不可欠なこと


そんな思いもあったはずです。


当時日本の上流階級の女子たちは

外出すら簡単には許されない状況でした。


だから結婚すると女性はいつも家の奥にいるという意味で「奥さま」と呼ばれるほど。

それを思うと本当に心の広いご判断、親心です。



e0136254_03535057.jpg
3人がハンプトンで夏を過ごしたおよそ30年後のイーストハンプトン




e0136254_03533302.jpg
19世紀末のサウスハンプトンのビーチ






e0136254_03532404.jpg
サウスハンプトンのビレッジ




高木三郎は後に捨松がヴァッサー大学を卒業するときは

10人ものお供を連れて卒業式に参列しています。


捨松はヴァッサーではスター的存在でした。

成績も大変に優秀でした。


英語で賞を取ったり

卒業式には代表でスピーチもしています。

「日本におけるイギリスの外交政策」

というような内容でした。


そのスピーチはスタンディングオベーションの大喝采に包まれました。


日本領事館からやってきた男たちも興奮の面持ちだったようです。

自分たちも現地でがんばっている男たちは

彼女が不幸な会津時代も含め

ここまでくるのに

どんな苦労を乗り越えて来たか

知っているだけに

彼女の一番の味方でいたいと思ったのでしょう。


それは深い父の愛に似たものかもしれませんね。

(最近夫の娘に対する深〜い父の愛を知る機会が多く男性に対する見方がどんどん変わっています)


さらにです。

帰国した高木氏は赤坂に建てられた日本初の東京慈善病院の運営に大変に尽力をしています。

これはニューヨークのお隣ニュージャージー州から日本に渡ったホィットニー氏が建てた病院です。

(話しはそれますがこのホィットニー氏は勝海舟一家ととても仲良しで、娘の一人が3歳年下の勝家の息子と結婚しています^^。最後は離婚し、ホィットニーのお嬢さんは子供たちを連れてアメリカに帰るんですけれどね)


その病院には明治皇后が自腹を切ってたくさんのおもちゃを買い入院している子供たちを頻繁に見舞っています。


皇后の「慈善」への取り組みは捨松の影響も大きいはずです。


歴史の表舞台には出てこない高木三郎氏


ハンプトンのエピソードを知った時

東京慈善病院での尽力を知った時

この時代のその瞬間にこの人がいてくれてよかった!

心からそんなことを思いました。



そうそうこの時代のフェミニストと言えば・・・

伊藤博文がいます。


奥さんは元芸妓

家にいつも芸妓を連れてくることでも有名な女好きの伊藤博文がフェミニスト? 


はい、そうなんです。

そのお話はまたいつか ウインク





ビックリマークようこそ、コモンるみのワクワク明治維新ワールドへ!

こちらはこれまで書いて来ただれも知らないエピソードです。


クリップNYプライベート図書館で知った明治皇后


クリップアメリカ人が書く明治皇后はすばらしい女性だった


クリップ100年以上前アメリカ人が見た日本と日本女性


クリップ日本初のワーキングマザーは日本初の恋愛結婚も成就


クリップ英語を話す津田梅子はおしゃべりでちょっとわがままなアメリカ娘だった


クリップアメリカのソサエティが熱狂した山川捨松のうちのめされるエピソード





【SHOP NOW on Rish NY

8月中2万円以上お買い上げをくださった方全員にプレゼント!
http://www.rishny.com

e0136254_04042591.jpg
軽くて大きさも若干調整できるブレスレット(写真)を
今月中2万円以上お買い上げくださった方全員にプレゼントします!

今まだセール中です。

金曜日からは秋まで着られる新製品も入荷します。
時々サイトをチェックしてみてください!



インスタグラム Rish NY Instagram

フォローありがとうございます!

ニューヨークのライフスタイルを母&娘(大学生)チームでご紹介しています。
フォローやいいねをくださるみなさんのところにお邪魔するのが本当に楽しみです^^

Rish NY/リッシュ・ニューヨークの新製品やそのコーディネイトはFacebookをチェックしてください
Rish NY Facebook  ⬅Click♡
お値打ち情報を更新するたびにいち早くお届けできます!

Rish NY/リッシュ・ニューヨークニュースレター
耳寄り情報はニュスレターでお届けしています。
登録はこちらからどうぞ





[PR]
by rumicommon | 2016-08-10 06:30 | NY女子力UPルールズ | Comments(0)


ニューヨークから見える日本人や日本のすばらしさ、時に不思議に感じることなど


by rumicommon

プロフィールを見る

カテゴリ

女目線で応援するいい男」
NY女子力UPルールズ
NY流女の生き方
NY1%未満の時事
日常・一期一会
セレブの住まい
 ージャクリーン・ケネディ
 ージョンF・ケネディJr.
 ールパード・マードック
 ーSATCのMr.Big
 ー蒋介石夫人
 ーNY1のパワーアドレス
 ーブルック・アスター
 ージャンニ・ベルサーチ
 ーニクソン元大統領
 ー100年前のマンハッタン
 ー伝説のダコタハウス
 ーバーブラ・ストライザンド
 ーマドンナ
 ーサラ・ジェシカ・パーカー
非日常への旅立ち
 ー箱根
 ー京都
 ーウィスラー
 ープラハ
 ーフランス ドルドーニュ
 ーハンプトン
 ーコート・ダジュール
 ーサウスビーチ
 ーベニス
 ートスカーナ
 ーグランドキャニオン
 ーボストン・セーラム
 ータイ
 ー京都
NY1%未満のマネー術
NYここだけ内緒のお話
メディア掲載記事
VOGUE寄稿記事
プロフィール
目からウロコHealth&Beauty
NY1%未満の子育て

フォロー中のブログ

ニューヨークの遊び方
It's a Small...
ケチケチ贅沢日記
Venus World
Salon de Bij...
こえだニューヨーク
日々の暮らしの中で
ひとりぼっちランチ
madameHのバラ色の人生
latte di luna
keiko's pari...
LIVING PHOTO
やわらかい陽ざしのなかで
My style

ライフログ


ニューヨーク発・幸せになれる体質作り―Giving上流の極意


NY発 世界基準の女の心得

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
ファッション